NBA 2013-14シーズン 3月を振り返る




NBA2013-14シーズン 3月を振り返る

4月に突入し、2013-14シーズンのNBAもいよいよ終盤になりました。

 

プレイオフ進出をかけて激しい争いが繰り広げられているなか、

 

ここで3月のNBAを振り返ってみたいと思います。

 

 

 

NBAブックメーカーでプレイオフを占う際にはぜひお役立てください。

 

 

インディアナ・ペイサーズの不調

2月にダニー・グレンジャーを放出し、アンドリュー・バイナムとエバン・ターナーを獲得したペイサーズですが、3月に入るとそれまでの勢いがまったく感じられなくなってしまいました。

 

エースのポール・ジョージも不調に陥り、ついにチームの内部不破まで噂されるほどとなっています。

 

センターのロイ・ヒバートが「ペイサーズに自分勝手な選手がいる」と発言するなど、プレイオフが迫った今になって危機的状況に陥っていると言っても良いでしょう。

 

すでにプレイオフ進出を決めているペイサーズですが、レギュラーシーズンが終わる前に調子を取り戻したいところです。

 

マイアミ・ヒートの不調

二連覇中の王者、マイアミ・ヒートもインディアナ・ペイサーズと同様に若干の不調に陥りました。

 

とはいえ、さすが王者というべきか、ペイサーズほど状況は悪くなく、3月終盤にはついにペイサーズからイースタン・カンファレンス首位の座を奪還しています。

 

プレイオフ進出にあたり、心配されるのは主力選手の負傷です。

 

3月にはスターターのドウェイン・ウェイド、マリオ・チャルマーズ、シェーン・バティエーに加え、グレッグ・オデンが一時離脱するなど、厳しいチーム事情を強いられています。

 

その中でもレブロン・ジェイムスは相変わらずのパフォーマンスを見せており、レブロン・ジェイムスの活躍があるからこそ今の成績をキープできていると見て良いかもしれません。

 

サンアントニオ・スパーズが3月全勝

シーズン序盤はトップチーム相手にこぞって敗戦するなど、今季のNBAタイトル獲得が不安視されていたスパーズですが、ベテラン擁するスパーズは3月に入ってめきめきと調子を上げてきました。

 

4月1日時点でフランチャイズ記録となる18連勝を達成しており、プレイオフへ向けて万全な状態を作り上げつつあります。

 

また、名将グレッグ・ポポビッチHCの存在の大きさを感じずにはいられません。

 

昨季のプレイオフファイナルではマイアミ・ヒートを追い詰めながらも敗れたため、今季にかける意気込みは相当なものでしょう。

 

フィラデルフィア・セブンティシクサーズがNBA歴代ワーストタイの連敗記録

フィラデルフィア・セブンティシクサーズが不名誉な記録を達成してしまいました。

 

歴代NBAワーストタイとなる26連敗を喫したシクサーズは、本格的に再建していかなければなりません。

 

その中でも唯一希望の光となっているのが、ルーキーのマイケル・カーター・ウィリアムスでしょう。

 

3月のプレイヤー・オブ・ザ・ルーキーにも選出されており、今後シクサーズの大黒柱として期待されています。

 

今季はプレイオフ進出を逃しましたが、優れたルーキーをドラフトで獲得し、来季以降に備えたいところです。

 

NBAブックメーカーはスパーズが狙い目?

プレイオフへ向けて照準を合わせているスパーズですが、NBAブックメーカーでお馴染みのウィリアムヒルでは、2014NBAプレイオフの優勝チームにマイアミ・ヒートをが筆頭候補に挙げられています。

 

ただ、賞金を稼ぎたいなら、サンアントニオ・スパーズに賭けてみるのも面白いかもしれません。

 

スパーズの倍率は5.00倍となっていますので、もしスパーズがNBAチャンピオンに輝いたとすると、1万円をかけた場合は4万円の賞金をゲットすることができます。

 

昨季のプレイオフファイナルへ進出したチームとしては高めの倍率となっているため、賞金を稼ぎたい方にはおすすめです。


NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語