NBA 2013-14シーズン トレード情報まとめ①




NBA2013-14シーズン トレード情報まとめ①

日本時間2月21(金)にトレード最終期限を迎えましたが、

 

NBAブックメーカーをするにあたり、

 

どの選手がどのチームにトレードされたか把握しておくことも大切です。

 

 

 

今回は、トレードが実現した主な選手を紹介しますので、NBAブックメーカーの参考にしてください。

 

 

ダニー・グレンジャー(IND→PHI)

今回のトレードで最も大きなサプライズだったのは、ダニー・グレンジャーのトレードといっても過言ではありません。

 

レジェンドのレジー・ミラーが引退後、フランチャイズの顔としてインディアナ・ペイサーズでプレイしていたダニー・グレンジャーが、まさかのトレードとなりました。

 

昨季まで負傷に苦しみ、その間にポール・ジョージらが成長してきたということが大きなトレード要因として考えられますが、ダニー・グレンジャーのトレードを残念に思うファンも多いことでしょう。

 

なお、フィラデルフィア・セブンティシクサーズにトレードされたグレンジャーは強豪チームでのプレイを希望しているようで、シクサーズに対して契約のバイアウトを要求している模様です。

 

 

 

エバン・ターナー&ラボイ・アレン(PHI→IND)

ルーキー時代にはジョン・ウォールを凌ぐ逸材とまで言われていたエバン・ターナーですが、所属していたフィラデルフィア・セブンティシクサーズでは期待通りのプレイを見せることができませんでした。

 

とはいえ、高い得点能力を誇る選手ですので、インディアナ・ペイサーズにとってはポール・ジョージの負担軽減につながるでしょう。

 

ただ、今季は3P成功率が30%を切っているため、アウトサイドショットの精度を上げることが課題となりそうです。

 

 

 

アントワン・ジェイミソン(LAC→ATL)

かつてのスコアラーも歳を重ね、さすがに衰えを隠せなくなっています。

 

ロサンゼルス・クリッパーズでは十分な出場時間を与えられず、出場した試合でも満足いく結果を残すことができませんでした。

 

なお、アトランタ・ホークスへトレードされた直後、アントワン・ジェイミソンの契約はバイアウトされる見込みです。

 

 

 

スティーブ・ブレイク(LAL→GSW)

スティーブ・ブレイクがゴールデンステイト・ウォリアーズにトレードされるとは、誰も予想していなかったのではないでしょうか。

 

今季のスティーブ・ブレイクは負傷などもあり、レイカーズも低迷しています。

 

プレイオフ進出が難しいレイカーズでプレイするより、プレイオフでの躍進が期待されるウォリアーズでプレイするほうがスティーブ・ブレイクにはメリットが大きいのかもしれません。

 

なお、ウォリアーズに移籍後、さっそくブザービーターの3Pを決める活躍を見せています。


NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語