NBA 2013-14シーズン トレード情報まとめ③




NBA2013-14シーズン トレード情報まとめ③

NBAの2013-14シーズンのチャンピオンをNBAブックメーカーで予想する場合、トレード情報を把握しておくことも大切です。

 

すでにトレード期限が終わり、今季も多くの選手がトレードによって移籍しましたが、ここでトレードされた選手の情報をまとめておきたいと思いますので、NBAスポーツブックに役立てていただければと思います。

 

スペンサー・ホーズ(PHI→CLE)

低迷していたフィラデルフィア・セブンティシクサーズから、スペンサー・ホーズがクリーヴランド・キャバリアーズへトレードで移籍しました。

 

今季のキャブスは不調が続いています。

 

活躍が期待されていたセンターのアンドリュー・バイナムを放出し、さらにはチーム内の不和も噂されているほど現状は悪いものと言えるかもしれません。

 

スペンサー・ホーズには主にインサイドでのプレイが期待されますが、アンドリュー・バイナムと比較するとやはり実力的にも劣るという声が多いため、優勝へ向けた補強とは言いにくいです。

 

ジョーダン・ハミルトン(DEN→HOU)

インサイドにはドワイト・ハワード、スコアラーにはジェイムス・ハーデンと、タレントを多く揃えるロケッツですが、ガードポジションはそれほど充実していないといえるかもしれません。

 

ジョーダン・ハミルトンにはそれほど多くの出場時間が与えられないと予想されているものの、ガードポジションの充実にはつながるでしょう。

 

アーロン・ブルックス(HOU→DEN)

ロケッツでバックアップポイントガードとしてプレイしていたアーロン・ブルックスですが、それほど目立った活躍を見せられないでいました。

 

今季のナゲッツはネイト・ロビンソンが負傷で今季絶望、また先発ポイントガードのタイ・ローソンも怪我しがちですので、アーロン・ブルックスにはより多くの出場時間が与えられるかもしれません。

 

アンドレ・ミラー(DEN→WAS)

今季のアンドレ・ミラーは出場時間を大幅に削減され、本人はそれを不満に感じていました。

 

ヘッドコーチに不満をぶつけたところ、それ以降アンドレ・ミラーが出場することはなく、ワシントン・ウィザーズへのトレードに至っています。

 

ウィザーズの先発ポイントガードはジョン・ウォールが務めていますが、若いジョン・ウォールのさらなる成長にアンドレ・ミラーの経験は大きなプラスになることでしょう。

 

エリック・メイナー(WAS→PHI)

すでに放浪人になりつつあるエリック・メイナーですが、ワシントン・ウィザーズではあまり出場時間を与えられていませんでした。

 

低迷が続くシクサーズへ移籍したことで、これまでより出場時間が増える可能性もあります。

 

NBAでの生き残りをかけて、なんとしても結果を残したいところです。


NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語