NBA 2013-14シーズン トレード情報まとめ④




NBA2013-14シーズン トレード情報まとめ④

NBAの2013-14シーズンの後半を予想するためには、

 

オールスターブレイク前に終了したトレード情報を
頭に入れておくことも大きなポイントになるでしょう。

 

 

NBAスポーツブックの成果に
影響することもありますので、

 

ここでトレード情報をまとめておきたいと思います。

 

 

NBAスポーツブックに挑戦する際は、

 

ぜひ参考にしてください。

 

ナンド・デ・コロ (SAS→TOR)

サンアントニオ・スパーズでトニー・パーカーのバックアップとしてプレイしていたナンド・デ・コロがトロント・ラプターズに移籍しました。

 

ラプターズではポイントガードをカイル・ローリーが努めていますので、ナンド・デ・コロはカイル・ローリーのバックアップポイントガードとして起用されるでしょう。

 

ラプターズはルディ・ゲイをサクラメント・キングスに放出後、じわじわと成績を上げてきていますので、ナンド・デ・コロにも期待がかかるところです。

 

オースティン・デイ (TOR→SAS)

ナンド・デ・コロとの交換でサンアントニオ・スパーズに移籍したオースティン・デイですが、あまり多くの出場時間を与えてもらえないかもしれません。

 

ただ、スパーズの名将グレッグ・ポポビッチHCは連戦時に主力を休ませることがあるため、チャンスは必ず巡ってくるでしょう。

 

まずはポポビッチHCのシステムを理解するところから始めるはずです。

 

ルーク・リドナー&ゲイリー・ニール(MIL→CHA)

ガードポジションの二人がミルウォーキー・バックスからシャーロット・ボブキャッツへトレードで移籍。

 

今季のバックスは極度の不振に陥っていますので、プレイオフ進出が狙える位置にいるボブキャッツへのトレードは、ルーク・リドナーとゲイリー・ニールのモチベーションアップにもつながるでしょう。

 

レイモン・セッションズ&ジェフ・エイドリアン(CHA→MIL)

このトレードで特に悔しい思いをしているのは、レイモン・セッションズかもしれません。

 

ボブキャッツの先発ポイントガード、ケンバ・ウォーカーが負傷離脱しているときにはレイモン・セッションズが見事に代役を務め、プレイオフ進出が狙える位置をキープしていました。

 

バックスにはOJ・メイヨがいるものの、今季は目立ったパフォーマンスを見せることができていませんので、レイモン・セッションズにも多くのチャンスが巡ってくるものと思われます。

 

バイロン・ムレンズ(LAC→PHI)

プレシーズンではそこそこの活躍を見せていたバイロン・ムレンズですが、レギュラーシーズンに入ると負傷したこともあり、ほとんど出場することはありませんでした。

 

ターンオーバーが多いものの、たまに見せてくれる豪快なダンクをシクサーズでも期待したいところです。


NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語