NBA 2013-14シーズン2月を振り返る イースタン・カンファレンス編




NBA2013-14シーズン 2月を振り返る イースタン・カンファレンス編

NBA2013-14シーズンのオールスターも終了し、いよいよ後半戦がスタートしましたが、オールスターブレイク前のトレード期限には、今シーズンもいろんな動きがありました。

 

噂されていたような大物選手のトレードはあまりなかったものの、意外なトレードもありましたので、トレード状況も含めながらイースタン・カンファレンスとウェスタン・カンファレンスを振り返ってみたいと思います。

 

NBAスポーツブックでカンファレンス優勝チームの予想にお役立ていただけると思いますので、ぜひご覧下さい。

 

2月のイースタン・カンファレンス

2月を終えた時点でも、これまでと同じようにマイアミ・ヒートとインディアナ・ペイサーズの2強状態となっています。

 

NBA三連覇を狙っているヒートは、特にトレードでロスターに変化を加えることはありませんでしたが、打倒ヒートを掲げるペイサーズはフランチャイズプレイヤーとして高い人気を誇っていたダニー・グレンジャーをフィラデルフィア・セブンティシクサーズへトレード。

 

代わりにエバン・ターナーとラボイ・アレンを獲得しています。

 

エバン・ターナーはまだ若く、得点力も期待できますので、ペイサーズのシステムにフィットすることができればダニー・グレンジャーより優れたスコアラーとなる可能性があるでしょう。

 

また、アンドリュー・バイナムは復帰へ向けたトレーニングを続けていますが、3月から4月中に復帰しなければ、試合勘を取り戻せない恐れがあります。

 

プレイオフでヒートを倒すにはバイナムのインサイドも大きな武器になるため、レギュラーシーズン中に完全復帰したいところです。

 

なお、NBAスポーツブックをお楽しみいただける「ウィリアムヒル」のオッズは、以下の通りとなっています。

 

※倍率は3月2日終了時点

マイアミ・ヒート

1.87倍

インディアナ・ペイサーズ

2.10倍

ブルックリン・ネッツ

19.00倍

アトランタ・ホークス

34.00倍

シカゴ・ブルズ

34.00倍

ニューヨーク・ニックス

34.00倍

トロント・ラプターズ

41.00倍

ワシントン・ウィザーズ

51.00倍

デトロイト・ピストンズ

67.00倍

クリーブランド・キャバリアーズ

81.00倍

ボストン・セルティックス

67.00倍

シャーロット・ボブキャッツ

151.00倍

オーランド・マジック

251.00倍

フィラデルフィア・76ers

251.00倍

ミルウォーキー・バックス

501.00倍

 

NBAスポーツブックでカンファレンス優勝チームを予想するなら

ウィリアムヒルが付けている倍率で見れば、マイアミ・ヒートかインディアナ・ペイサーズに賭けたいところです。

 

ヒートがカンファレンス優勝したとして、NBAスポーツブックで10万円賭けていたとしたら、8万7000円の利益が出ることになります。

 

また、ペイサーズに10万円賭け、カンファレンス優勝を果たしたとすると10万1000円も利益が出ますので、かなり大きいです。

 

大穴狙いでNBAスポーツブックをするなら、シャーロット・ボブキャッツが面白いところかもしれません。

 

ボブキャッツの倍率は67倍と非常に高くなっていますので、1万円だけ賭けたとしても66万円の利益が出ることになります。


NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語