2013プレイオフ進出チームの注目選手 マイアミ・ヒート編




2013プレイオフ進出チームの注目選手 マイアミ・ヒート編

2013年のNBAプレイオフで大手ブックメーカー「ウィリアムヒル」はマイアミ・ヒートを優勝候補として予想しています。

 

3月に入って調子を落としているものの、2連覇中の王者ヒートは必ずプレイオフまでに仕上げてくるでしょう。

 

NBAブックメーカーで賞金をゲットするなら、ヒートがもっともおすすめです。

 

ここでは、3連覇を狙うヒートの注目選手をピックアップしてみましたので、NBAブックメーカーでの予想にお役立ていただければと思います。

 

レブロン・ジェイムス

“キング”ことレブロン・ジェイムスは、ヒートのスリーキングの中でも飛びぬけた存在としてチームに貢献しています。

 

NBAを代表するスーパースターのレブロン・ジェイムスですが、歴代のNBAスーパースターと比較して、クラッチタイムに弱いと言われてきました。

 

しかしながら、レブロン・ジェイムスは大量得点でチームを勝利に導くタイプの選手ではなく、周りを活かしながらプレイするというスタイルですので、これまでのNBAスーパースターと比べると少し異質と言えるかもしれません。

 

今季終了後にヒートとの契約が満了となるレブロン・ジェイムスにとって、NBA3連覇は悲願といえるでしょう。

 

ヒートをNBAチャンピオンに輝くには、レブロン・ジェイムスの活躍が必須となります。

 

ドウェイン・ウェイド

レブロン・ジェイムスとは家族ぐるみの親友関係にあるドウェイン・ウェイドですが、膝に爆弾を抱えており、全盛期のようなパフォーマンスはなかなか見られなくなってしまいました。

 

それでもドウェイン・ウェイドのスコアリング能力、ドリブルスキル、ステップワークはまだまだNBAトップクラスです。

 

レブロン・ジェイムスの影に隠れている印象のあるドウェイン・ウェイドにとって、もし今年のNBAを制覇することができれば、自身4個目のチャンピオンリング獲得となります。

 

クリス・ボッシュ

レブロン・ジェイムス、ドウェイン・ウェイドとともにヒートのスリーキングスに挙げられているクリス・ボッシュは、NBAタイトルに欠かせないピースです。

 

ヒートはインサイドに弱点を抱えていると言われていますが、ビッグマン率いるチームとの対戦ではボッシュの活躍が必須となるでしょう。

 

また、アウトサイドショットの能力も高いため、オフェンスでは相手チームのディフェンスを広げることが期待できます。

 

レイ・アレン

昨年のプレイオフファイナルで劇的な3Pを沈めたレイ・アレンは、今年もアウトサイドショットでヒートに貢献しています。

 

レイ・アレンのアウトサイドショットがあるからこそ、ドウェイン・ウェイドやレブロン・ジェイムスのドライブが活きるともいえるでしょう。

 

今年のプレイオフではかつてのチームメイト、ポール・ピアースとケビン・ガーネット率いるブルックリン・ネッツとの対戦も楽しみにしたいところです。

 

グレッグ・オデン

膝の負傷で長くNBAを離れていたグレッグ・オデンですが、もしオデンが完全復活を遂げるならば、ヒートはインサイド、アウトサイドともに磐石の布陣を揃えることになります。

 

3月には先発センターに起用されることもあり、徐々にではありますが、パフォーマンスレベルを上げてきているようです。

 

プレイオフではオフェンスよりインサイドディフェンスでの貢献が重視されるでしょう。


2013プレイオフ進出チームの注目選手 マイアミ・ヒート編

2013年のNBAプレイオフで大手ブックメーカー「ウィリアムヒル」はマイアミ・ヒートに次ぐ優勝候補としてインディアナ・ペイサーズを挙げています。

 

3月に入って調子を落としているものの、ヒートとのライバル対決を制すなど、ここ一番の強さを見せているといえるでしょう。

 

ペイサーズのフランチャイズプレイヤーとして人気のあったダニー・グレンジャーを放出したため、ダニー・グレンジャーと公私ともに親交の厚かったポール・ジョージのパフォーマンスが心配されていましたが、若干調子を落としているものの、ペイサーズのエースとして君臨しているのは間違いありません。

 

NBAブックメーカーで賭けるなら、ペイサーズもひとつの候補にすることをおすすめします。

 

ここではペイサーズの注目選手を紹介しますので、NBAブックメーカーに役立ててください。

 

ポール・ジョージ

昨季はMIP賞を受賞し、スーパースターへの階段を着実に上がっているポール・ジョージ。

 

クラッチタイムにも強く、主にオフェンスでペイサーズを牽引しています。

 

3月に入ってパフォーマンスレベルの低下が見られますが、NBAタイトルを獲得するためにプレイオフへ向けて調子を上げてきてくれるでしょう。

 

ランス・スティーブンソン

ランス・スティーブンソンはNBA2013-14シーズンのMIP候補に挙げられています。

 

確かに今季の活躍ぶりには目を見張るものがあり、今やペイサーズに欠かせない選手といって間違いありません。

 

得点、リバウンド、アシストとバランスの良い選手であり、調子に乗るとなかなか止めることができないでしょう。

 

メンタル面でもペイサーズを支えているといっても良いかもしれません。

 

ロイ・ヒバート

2連覇中の王者マイアミ・ヒートを下すには、ロイ・ヒバートの活躍が不可欠です。

 

グレッグ・オデンを獲得したものの、ヒートはまだインサイドに弱点を抱えているといえます。

 

ロイ・ヒバートのインサイドは、オフェンスディフェンスともにヒートを苦しめるでしょう。

 

昨年のプレイオフではヘッドコーチの判断ミスで勝負を分ける第4Q終盤にベンチに下げられ、インサイドで得点を許してしまったため、今年は第4Q終盤にベンチに下げられることはないかもしれません。

 

アンドリュー・バイナム

ペイサーズに電撃移籍したアンドリュー・バイナムには、ロイ・ヒバートのバックアップとしての活躍が期待されています。

 

ただ、3月中旬に膝に水が貯まり、それ以降欠場が続いています。

 

フランク・ボーゲルHCはプレイオフにはコンディションを上げていくと話しているようですが、やはり膝の不安は拭いきれません。

 

もしアンドリュー・バイナムが完全復帰できれば、ペイサーズにとって大きな戦力となるでしょう。

NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語