バスケットボールワールドカップ 決勝トーナメント1回戦(アメリカ)




2014年FIBAワールドカップ 決勝トーナメント1回戦(アメリカ)の予想

スペインで開催されているFIBAバスケットボール・ワールドカップは、

 

グループリーグの全日程を終了し、いよいよ決勝トーナメントがスタートします。

 

 

決勝トーナメント進出を決めたのは、

 

アメリカ、フランス、ドミニカ共和国、スペイン、ニュージーランド、セルビア、トルコ、

 

ブラジル、メキシコ、クロアチア、スロベニア、セネガル、リトアニア、ギリシャ、オーストラリア、アルゼンチンです。

 

 

 

決勝トーナメント1回戦は日本時間7日から8日にかけて行われますが、

 

NBAブックメーカーでお馴染みのウィリアムヒルは、すでにトーナメント各試合の倍率を発表しています。

 

 

ここでは、アメリカの試合の予想と倍率を見ていきたいと思いますので、

 

NBAブックメーカーにぜひ活用くしてください。

 

 

 

アメリカ対メキシコ

アメリカ対メキシコの一戦は、ほぼ間違いなくアメリカが勝利するでしょう。

 

ただ、この試合に付けられている倍率は、

 

メキシコ勝利で16.00倍、アメリカ勝利で1.00倍となっているため、アメリカの勝利に賭けでもリターンを得ることができません

 

 

 

したがって、「ハンディキャップによるポイント差」や「合計ポイント」、

 

マージン・オブ・ビクトリー・12リザルト」を利用してベッティングしてみても良いでしょう。

 

 

「ハンディキャップによるポイント差」では、アメリカが38点差以上で勝利すれば、1.91倍のバックを得ることができます。

 

 

また、「合計ポイント」では、両チームの合計得点が176点以上だと1.91倍のバックを得ることができますので、

 

狙い目かもしれません。

 

 

一方、「マージン・オブ・ビクトリー・12リザルト」は点差ごとに倍率が異なっており、

 

もっとも倍率が高いのは26点差以上でアメリカが勝利という1.07倍です。

 

 

21-25得点差で9.50倍、16-20点差で15.00倍、11-15点差で26.00倍、6-10点差で41.00倍、1-5点差で46.00倍と、かなりの倍率となっています。

 

予選のグループリーグではほとんどの試合で出だしの鈍さが見られたアメリカですが、

 

決勝トーナメントからはしっかりコンディションを整えてくるでしょう。

 

 

決勝トーナメント1回戦 各試合の倍率(2014年9月6日時点)

決勝トーナメント1回戦 各試合の倍率

 

 

【番外編】ワールドカップのMVPはだれ?

NBAブックメーカーを提供しているウィリアムヒルは、

 

ワールドカップでMVPを受賞する選手へのベットも受け付けています。

 

 

現在のところトップを走っているのは、

 

スペイン代表のパウ・ガソルの2.50倍、

 

続いてアメリカのアンソニー・デイビス2.80倍です。

 

 

いずれの倍率も高額賞金が期待できる数字となっていますので、賭けてみてはいかがでしょうか。

 

以下、2014年9月6時点での倍率となっています。

 

ワールドカップのMVP

NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語