バスケットボールワールドカップUSA代表候補選手⑤




2014年バスケットボールワールドカップ チームUSA代表候補選手⑤

NBAの2013-14シーズン終了後、いよいよ世界一の国を決めるFIBAバスケットボールワールドカップが開催されます。

 

以前までバスケットボール世界選手権という大会名で開催されていましたが、

 

今回がバスケットボールワールドカップに名称を変更後初めての大会となりますので、

 

どの国も初代王者になるべく全力を尽くしてくるでしょう。

 

 

その中でも特に優勝候補筆頭に挙げられているのが、

 

NBAのスーパースターを擁するチームUSAです。

 

 

NBAブックメーカーでお馴染みのウィリアムヒルでも、チームUSAを優勝最右翼に挙げています。

 

 

 

チームUSAの正式メンバーはまだ発表されていませんが、

 

代表候補のNBA選手は発表されていますので、ここでは代表候補に選ばれたNBA選手を一部紹介しましょう。

 

 

 

※スタッツは3月16日現在

 

カイリー・アービング(CLE)

今やNBAを代表するポイントガードに成長したクリーブランド・キャバリアーズのカイリー・アービングですが、
チームUSAに入るにはクリス・ポールやデロン・ウィリアムス、ダミアン・リラードらと競争することになります。

 

非常に激戦となるポジションですので、まずはチームUSAへの選出を目標に掲げたいところです。

 

ただ、時としてアンセルフィッシュなプレイをすることがあるため、周りの選手をさらに活かすプレイが求められるでしょう。

 

 

平均出場時間

平均得点

平均リバウンド

平均アシスト

35.9

21.5

3.6

6.3

FG成功率

3P成功率

FT成功率

平均ターンオーバー

43.0%

36.7%

85.6%

2.8

 

ラマーカス・オルドリッジ(POR)

ポートランド・トレイルブレイザーズで不遇の時が続いたラマーカス・オルドリッジですが、NBA2013-14シーズンはダミアン・リラードら心強いチームメイトをともにNBAチャンピオンを狙えるチームの中心選手となったといえるでしょう。

 

打点の高いショット、クラッチタイムでの強さなど、乗ったときのオルドリッジを止めるのはそう簡単なことではありません。

 

サイズに割にアウトサイドショットの技術もあるため、チームUSAではミスマッチを生かしたプレイが期待できます。

 

平均出場時間

平均得点

平均リバウンド

平均アシスト

36.5

23.4

11.1

2.7

FG成功率

3P成功率

FT成功率

平均ターンオーバー

45.9%

21.4%

81.9%

1.9

 

デリック・ローズ(CHI)

2013-14シーズンからいよいよNBAの舞台に戻ってきたシカゴ・ブルズのデリック・ローズですが、シーズン序盤で再び負傷し、今季絶望となってしまいました。

 

リハビリは順調に進んでおり、チームUSAでのプレイをデリック・ローズ本人も望んでいるようですが、チームUSAのコーチ陣にはブルズのトム・ティボドーHCも入閣しているため、大事をとってデリック・ローズをチームUSAから外す可能性があります。

 

ただ、チームUSAにとって強力な武器となることは間違いないでしょう。

 

平均出場時間

平均得点

平均リバウンド

平均アシスト

31.1

15.9

3.2

4.3

FG成功率

3P成功率

FT成功率

平均ターンオーバー

35.4%

34.0%

84.4%

3.4


NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語