バスケットボールワールドカップUSA代表候補選手⑥




2014年バスケットボールワールドカップ チームUSA代表候補選手⑥

NBA2013-14シーズンが終わっても、

 

今年はNBAトップ選手のプレイをバスケットボールワールドカップで見ることができます。

 

 

 

NBAブックメーカーでお馴染みのウィリアムヒルでは、
2014年バスケットボールワールドカップの賭けも対象としていますので、

 

NBAトップ選手が顔を揃えるチームUSAに賭けてみるのも面白いかもしれません。

 

 

バスケットボールワールドカップに出場するNBA選手はまだ正式決定されていませんが、

 

代表候補として名前が挙がっている選手を一部紹介したいと思います。

 

 

 

※スタッツは3月19日現在

 

カーメロ・アンソニー(NYK)

NBAを代表するスコアラーといえば、やはりニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーでしょう。

 

NBA2012-13シーズンには3試合で131得点を挙げるという離れ業をやってみせ、得点王の栄誉に輝きました。

 

今季は不振に陥っているニックスですが、カーメロ・アンソニーは安定したスコアリング能力を見せており、チームUSAでも得点の量産が期待できるでしょう。

 

平均出場時間

平均得点

平均リバウンド

平均アシスト

28.0

21.5

8.3

3.1

FG成功率

3P成功率

FT成功率

平均ターンオーバー

45.4%

41.5%

84.1%

2.5

 

デマーカス・カズンズ(SAC)

高いポテンシャルを秘めているサクラメント・キングスのデマーカス・カズンズですが、さらなる高みを目指すためにはメンタルのコントロールも必要になるかもしれません。

 

デマーカス・カズンズをイライラさせる戦術を取り入れるチームもありますので、デマーカス・カズンズ自身とキングスのためにもさらなる成長が求められるでしょう。

 

チームUSAではドワイト・ハワードやタイソン・チャンドラーらと競うことになるため、代表選手に選ばれる可能性は低いと考えられます。

 

平均出場時間

平均得点

平均リバウンド

平均アシスト

32.2

22.2

11.7

2.8

FG成功率

3P成功率

FT成功率

平均ターンオーバー

48.7%

0.0%

72.6%

3.6

 

アンドレ・ドラモンド(DET)

デトロイト・ピストンズのインサイドを支配する若きセンター、アンドレ・ドラモンドは、パワフルなプレイが魅力の選手です。

 

NBA2年目とまだキャリアは浅いものの、いずれはNBAを代表するビッグマンになると期待されています。

 

チームUSAの長きに渡る反映のためには、アンドレ・ドラモンドのような若い選手を入れることが必要かもしれません。

 

平均出場時間

平均得点

平均リバウンド

平均アシスト

32.2

13.1

12.8

0.4

FG成功率

3P成功率

FT成功率

平均ターンオーバー

61.7%

0.0%

42.3%

1.3


NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語