バスケットボールワールドカップUSA代表候補選手⑨




2014年バスケットボールワールドカップ チームUSA代表候補選手⑨

2014年NBAプレイオフ進出をかけて激しい戦いが繰り広げられていますが、例年ならプレイオフ終了後はNBAファンにとって味気ないものとなってしまいます。

 

ただ、今年はFIBAバスケットボールワールドカップが開催されますので、NBA選手によるトップレベルのプレイをオフシーズンにも観ることができるでしょう。

 

FIBAバスケットボールワールドカップにはNBA選手が中心となったチームUSAことアメリカ代表のほか、リッキー・ルビオやガソル兄弟擁するスペイン、トニー・パーカー率いるフランスなど、全24チームが熱い戦いを繰り広げることになりますが、NBAブックメーカーで優勝を予想するなら、やはりNBAのスター選手擁するチームUSAでしょう。

 

ここではチームUSAの代表候補に選出されているNBAプレイヤーを一部紹介します。

 

※スタッツは3月25日現在

 

アンドレ・イグダーラ(GSW)

今季からゴールデンステイト・ウォリアーズでプレイしているアンドレ・イグダーラは、NBAでも有数のユーティリティプレイヤーです。

 

ディフェンス力はもちろん、クラッチタイムでのオフェンスにも強く、今季の勝負を決めるブザービーターを決めています。

 

国際舞台での経験もあり、使いやすい選手であるため、チームUSAに選出される可能性は非常に高いといえるでしょう。

 

平均出場時間

平均得点

平均リバウンド

平均アシスト

32.7

9.3

4.6

4.2

FG成功率

3P成功率

FT成功率

平均ターンオーバー

46.9%

35.0%

62.4%

1.7

 

デロン・ウィリアムス(BKN)

今季も怪我に悩まされているデロン・ウィリアムスですが、そのパフォーマンスは未だ健在です。

 

ただポイントガードの代表争いは激しく、いま現在のパフォーマンスだと落選してしまう可能性があります。

 

国際舞台の経験はあるのですが、ステフェン・カリーら有望な若手に代表の座を奪われてしまうのか注目したいところです。

 

平均出場時間

平均得点

平均リバウンド

平均アシスト

32.1

14.5

2.6

6.3

FG成功率

3P成功率

FT成功率

平均ターンオーバー

45.9%

37.4%

81.3%

2.3

 

タイソン・チャンドラー(NYK)

NBAを代表するインサイドのディフェンシブプレイヤーであるタイソン・チャンドラーは、必ずチームUSAの勝利に貢献してくれるでしょう。

 

インサイドに弱みを抱えるチームUSAにとって、チャンドラーのディフェンス力、そして熱いハートは欠かせないはずです。

 

3月に入り、所属するニューヨーク・ニックスも調子を上げてきており、チャンドラーにはさらなる活躍が期待されます。

 

平均出場時間

平均得点

平均リバウンド

平均アシスト

30.7

9.3

10.2

1.1

FG成功率

3P成功率

FT成功率

平均ターンオーバー

59.6%

0.0%

63.4%

1.3

 

デイビッド・リー(GSW)

オフェンス、ディフェンスともマルチにプレイできるデイビッド・リーは、アウトサイドに高いポテンシャルを持つゴールデンステイト・ウォリアーズにおいて欠かすことのできないインサイドプレイヤーです。

 

今季ここまで平均18.5得点を記録しており、チームUSAでは得点での貢献も期待できるでしょう。

 

チームUSAでステフェン・カリーとのコンビプレイも見てみたいところです。

 

平均出場時間

平均得点

平均リバウンド

平均アシスト

33.4

18.5

9.4

2.2

FG成功率

3P成功率

FT成功率

平均ターンオーバー

52.3%

0.0%

78.6%

2.2


NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語