バスケットボールワールドカップUSA代表候補選手①




2014年バスケットボールワールドカップ チームUSA代表候補選手①

2014年に開催されるバスケットボールワールドカップでは、

 

アメリカ代表ことチームUSAの優勝が濃厚と言われています。

 

 

 

NBAブックメーカーを取り扱っている大手スポーツブック「ウィリアムヒル」も、

 

チームUSAの優勝に1.5倍と最も低いオッズをつけてることからも、

 

チームUSAにかかる期待の大きさがお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

 

 

チームUSAにはNBAの大物選手が召集される予定となっていますが、

 

今回はチームUSAの代表候補として名前が挙がっている選手を紹介しましょう。

 

 

 

※スタッツは2014年3月9日時点

 

ケビン・デュラント(OKC)

オクラホマシティ・サンダーを牽引し、NBAを代表するスコアラーに成長したケビン・デュラントは、前回の代表に続いてのリストアップとなっています。

 

今季のサンダーはラッセル・ウェストブルックが負傷離脱するなど不運にも見舞われていますが、ケビン・デュラントの活躍でNBAトップクラスの成績を維持。

 

優勝が狙えるチームのひとつに挙げられています。

 

平均出場時間

平均得点

平均リバウンド

平均アシスト

38.4

31.8

7.7

5.5

FG成功率

3P成功率

FT成功率

平均ターンオーバー

51.0%

39.4%

87.5%

3.6

 

ステフェン・カリー(GSW)

NBA屈指の3Pシューターとして人気爆発中のステフェン・カリーは、初めての代表選出となります。

 

国際ルールでは若干ボールのサイズが大きいため、アウトサイドショットの精度に不安が残るところですが、カリーのことですからしっかりと照準を合わせてくるでしょう。

 

また、国際ルールとNBAでは笛の軽さなども違うと言われていますので、ルールに慣れることも求められます。

 

平均出場時間

平均得点

平均リバウンド

平均アシスト

36.9

23.6

4.5

8.7

FG成功率

3P成功率

FT成功率

平均ターンオーバー

46.1%

41.3%

86.7%

3.9

 

ケビン・ラブ(MIN)

ミネソタ・ティンバーウルブズを牽引するケビン・ラブの魅力といえば、インサイドとアウトサイトどちらも高いレベルでこなせるという点でしょう。

 

2015-16シーズン終了後にはFAとなるラブですが、多くのチームが獲得に乗り出すのは間違いありません。

 

チームUSAでも結果を残し、今後につなげたいところです。

 

平均出場時間

平均得点

平均リバウンド

平均アシスト

36.3

26.5

13.2

4.1

FG成功率

3P成功率

FT成功率

平均ターンオーバー

46.2%

37.8%

82.1%

2.4

 

NBAブックメーカーはチームUSAが最有力!

NBAブックメーカーを取り扱っているウィリアムヒルでは、チームUSAの優勝に1.5倍をつけています。

 

日本で開催された大会ではギリシャに敗れるという波乱がありましたが、それだけにチームUSAは気を引き締めて試合に臨むでしょう。

 

ちなみに、もし今回の大会でチームUSAが勝利すると、次回の大会のオッズがさらに引き下げられる可能性があるため、今年は大きなチャンスかもしれません。


NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語