2014年バスケットボール・ワールドカップ グループC展望




2014年バスケットボール・ワールドカップ グループC展望

8月末からスペインで開催されるFIBAバスケットボール・ワールドカップには、NBAスター選手を擁する“チームUSA”ことアメリカ代表チームをはじめ、世界中の強豪チームが出場します。

 

ただ、NBAは世界最高峰のバスケットボール・リーグであり、ワールドカップではチームUSAを中心とした展開となるのはほぼ間違いありません。

 

NBAブックメーカーでもお馴染みのウィリアムヒルも、チームUSAをバスケットボール・ワールドカップの筆頭優勝候補と予想しています。

 

今回は、チームUSAも入っているグループCの展望を予想してみましたので、NBAブックメーカーでの予想に役立ててください。

 

 

※倍率は7月31日時点

アメリカ合衆国

トルコ

ドミニカ共和国

1.01

17.00

29.00

ウクライナ

フィンランド

ニュージーランド

41.00

41.00

751.00

 

アメリカ代表チーム

グループCは、ほぼ間違いなくアメリカ代表チームが勝ち上がるでしょう。

 

今回のチームUSAは、ケビン・ラブやブレイク・グリフィン、ラマーカス・オルドリッジらサイズのある選手が辞退したということもあり、コーチKことマイク・シャシェスフキーHCは「スモールバスケットボール」をスローガンに掲げています。

 

プレッシャーディフェンスからボールを奪い、ファストブレイクにつなげる戦術がとられると予想されていますが、他の代表チームがどのようにチームUSAのディフェンスを切り崩し、戦っていくのか見ものです。

 

ただ、グループCにおいてチームUSAの牙城を崩す代表チームはないといっても過言ではないでしょう。

 

トルコ代表チーム

グループCで唯一チームUSAに対抗できるチームとして挙げられるのが、トルコ代表チームです。

 

直近では2010年の世界選手権で準優勝を達成していますが、この当時はチームUSAを相手に64-81という大敗を喫してしまっています。

 

トルコ代表チームには、NBAでも活躍しているセンター、オマー・アシックが所属しているものの、オマー・アシックひとりではチームUSAの強力なオフェンスに対抗することはできないでしょう。

 

ただ、今回のチームUSAはスモールラインナップとなる可能性が高いため、オマー・アシックの活躍次第では善戦が見込めるかもしれません。

 

その他の代表チーム

グループCに入っているドミニカ共和国、ドミニカ共和国、フィンランド、ニュージーランドにとっては、チームUSAと同じグループとなったことが不運としか言いようがありません。

 

これらのチームがグループCを突破できる可能性は極めて低く、NBAブックメーカーを提供しているウィリアムヒルの倍率を見ればお分かりいただけるでしょう。

 

ただ、今後の発展のためにも多くの勝利を獲得しておきたいところです。


NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語