22014NBAプレイオフ・カンファレンスファイナル予想 サンダーvsスパーズ




2014NBAプレイオフ・カンファレンスファイナル予想 サンダーvsスパーズ

2014年のNBAプレイオフ・ウェスタンカンファレンスファイナルでは、大方の予想通りオクラホマシティ・サンダーとサンアントニオ・スパーズの対戦となりました。

 

シーズン前半は上位チームなかなか勝利できなかったスパーズですが、後半に入ると本来の強さを取り戻し、ウェスト首位でプレイオフに進出。

 

プレイオフでも安定したパフォーマンスを見せ続けており、前評判ではスパーズが有利と見られているようです。

 

なお、ブックメーカーでお馴染みのウィリアムヒルは、日本時間5月19日の時点でスパーズのシリーズ制覇に倍率1.40、サンダーのシリーズ制覇に倍率3.10をつけています。
ちなみに、プレイオフでの100ポゼッションあたりにおける両チームの平均得失点は、スパーズが111.1得点(今季のNBAプレイオフ2位)、101.2失点(同3位)、サンダーが107.9得点(同7位)、102.8失点(同5位)です。

 

以下、サンダー対スパーズのシリーズにおけるキーポイントをまとめてみましたので、NBAブックメーカーにお役立ていただければと思います。

 

サージ・イバカ不在を埋められるか?

プレイオフ・セカンドラウンド第5戦で、サンダーのサージ・イバカが負傷し、残りの試合に出場できなくなってしまいました。

 

4年連続でブロックショット本数No.1に輝くサージ・イバカの離脱は、サンダーにとって間違いなく痛手です。

 

スティーブン・アダムスとニック・コリソンにはイバカの穴を埋める活躍が求められますが、もしこれらの選手が十分なパフォーマンスを発揮できなければサンダーにとって苦しいシリーズとなるでしょう。

 

ただ、ティム・ダンカン、ティアゴ・スプリッター、ボリス・ディーオウというスパーズの強力なインサイドを抑えるのは簡単ではありません。

 

トニー・パーカーのドライブイン

サンダーはトニー・パーカーのドライブも止めなければなりません。

 

ラッセル・ウェストブルックもしくはタボ・セフォローシャがトニー・パーカーにマッチアップした場合、おそらく抑えることができるでしょう。

 

しかしながら、レジー・ジャクソンのディフェンスではパーカーと止められない可能性が高いです。

 

また、サージ・イバカの離脱により、インサイドにおけるディフェンスの弱体化は否めません。

 

ケンドリック・パーキンスやスティーブン・アダムス、ニック・コリソンはサージ・イバカと比べて敏捷性に劣るため、ドライブを仕掛けてきた際に振り切られてしまう恐れがあります。

 

したがって、サンダーとしてはパーカーにドライブさせないことが重要となります。

 

スパーズの3ポイント

サンダーが勝利するためには、スパーズの3ポイントもケアしなければなりません。

 

昨年のプレイオフではダニー・グリーンが次々と3ポイントを沈め、スパーズの快進撃に貢献しました。

 

ただ、スパーズにはグリーンの他にもマルコ・ベリネリらアウトサイドを得意とした選手が多いため、なかなか簡単に止めることはできないでしょう。

 

ディフェンスにおけるサージ・イバカの機動力も失われてしまったため、コートに立つサンダーの選手にはこれまで以上のハードなディフェンスが求められます。


NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語