「2014NBAプレイオフ・ファーストラウンド ネッツvsラプターズ




2014NBAプレイオフ・ファーストラウンド予想 ネッツvsラプターズ

予想を覆して2014年NBAプレイオフへの進出を決めたチームといえば、やはりトロント・ラプターズでしょう。

 

カナダに本拠地を持つラプターズは、今季序盤だけ見るとプレイオフ進出は到底難しかったと言わざるを得ませんでした。

 

しかしながら、2月のトレード後から徐々に盛り返し、イースタン・カンファレンス3位という好順位でプレイオフ進出を決めました。

 

一方のネッツも序盤こそ極度の不振に陥っていましたが、年が明けるとともに成績も急上昇。

 

手腕が疑問視されていたジェイソン・キッドHCも月間最優秀HC賞を受賞するなど、破竹の勢いで勝ち星を重ねていきました。

 

お互いシーズン後半から躍進した両チームですが、どちらも負けられな戦いとなるでしょう。

 

なお、NBAブックメーカーをお楽しみいただけるウィリアムヒルは、このシリーズでネッツが勝利するのに倍率1.33、ラプターズが勝利するのに倍率3.40倍をつけていますが、この数字はネッツが1回戦を勝利した後に付けられているため、今後の対戦成績によって変動します。

 

ちなみに、2013-14シーズンにおける平均得点・失点は、ネッツが104.4得点(NBA14位)、1049失点(NBA19位)、ラプターズが105.8得点(NBA9位)、102.4失点(NBA9位)です。

 

以下、シリーズを制するためのポイントを見ていきたいと思いますので、NBAブックメーカーの参考にしていただければと思います。

 

デロン・ウィリアムスvsカイル・ローリー

ラプターズのプレイオフ進出は2008年以来となりますが、この躍進に大きく貢献したのがポイントガードのカイル・ローリーです。

 

一時はトレードの噂もあったローリーですが、シーズン後半から躍動し、プレイヤー・オブ・ザ・ウィークも受賞。

 

すでにラプターズには欠かせない選手になったといって良いでしょう。

 

一方、マッチアップが予想されるネッツのデロン・ウィリアムスですが、スピードオフェンスのローリーを抑えなければ、厳しい試合展開になる可能性があります。

 

ただ、NBAトップクラスのポイントガード、デロン・ウィリアムスにとっては、ローリーに負けないプレイを見せたいところです。

 

経験のネッツvs情熱のラプターズ

プレイオフの経験が豊富なデロン・ウィリアムス、ジョー・ジョンソン、さらにNBAタイトル獲得経験のあるポール・ピアース、ケビン・ガーネットらがいるという点は、ネッツにとって大きなプラス材料です。

 

一方のラプターズですが、スターターのうち3選手はプレイオフ経験がないため、経験という面ではネッツが有利といえるでしょう。

 

ただ、2008年以来のプレイオフ進出を果たしたラプターズには、ネッツに負けないだけの情熱があります。

 

その情熱を爆発させることができれば、強豪ネッツと十分渡り合うことができるはずです。

 

ベストvsベスト

ネッツ対ラプターズのシリーズは、両カンファレンスを通じて最も激しい戦いになるといっても過言ではありません。

 

1月に快進撃を遂げたネッツに対し、ルディ・ゲイを放出したラプターズは12月にイースタン・カンファレンスで最高勝率を誇りました。

 

このベストの2チームの対決が簡単に終わることはないでしょう。


NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語