2014NBAプレイオフ・セカンドラウンド予想 ネッツvsヒート




2014NBAプレイオフ・セカンドラウンド予想 ネッツvsヒート

2014年のNBAプレイオフ・ファーストラウンド、マイアミ・ヒートは三連覇へ向けて最高のスタートを切りました。

 

セカンドラウンドはブルックリン・ネッツと対戦するわけですが、レギュラーシーズンでヒートはネッツに勝利することができませんでした。

 

ただ、これはプレイオフです。

 

レギュラーシーズン通りにいかないことも多々あるでしょう。

 

ヒートが1勝を挙げた時点で、NBAブックメーカーを提供中のウィリアムヒルは、ヒートのシリーズ突破に1.10倍、ネッツのシリーズ突破に7.50倍をつけています。

 

ここでは、ヒート対ネッツのシリーズにおける注目ポイントをまとめてみましたので、NBAブックメーカーでの予想に利用してください。

 

なお、レギュラーシーズンでの100ポゼッションあたりにおける平均得失点は、ヒートが104.4得点(NBA14位)、104.9失点(NBA19位)、ネッツが109.0得点(NBA2位)、102.9失点(NBA11位)となっています。

 

レギュラーシーズン4戦全勝のネッツのパフォーマンス

マイアミ・ヒートを下すなら、ネッツ以外にないかもしれません。

 

上記でもお伝えしたように、今季のレギュラーシーズンでの対決は、ネッツが4戦全勝を記録しています。

 

ただ、ヒートは4連敗を喫しているネッツを全力でたたきつぶしにかかってくるでしょう。

 

ヒートの猛攻と激しいディフェンスを攻略することができれば、ネッツにシリーズ突破の可能性が見えてくるはずです。

 

ジョー・ジョンソンのオフェンスをヒートは止めることができるか

ジョー・ジョンソンのオフェンスは、ネッツの鍵となっていると言っても過言ではありません。

 

事実、ジョー・ジョンソンがシャットアウトされたトロント・ラプターズとのファーストラウンド第4戦、ネッツはわずか79得点に終わり、敗戦を喫しました。

 

ヒートがシリーズを勝ち抜くためには、ジョー・ジョンソンを抑えることが不可欠です。

 

また、ポール・ピアースやデロン・ウィリアムスへのケアも必要となるでしょう。

 

レブロン・ジェイムスのオフェンスをヒートは止めることができるか

ネッツがシリーズを勝ち抜くためには、レブロン・ジェイムスを攻略しなければなりません。

 

ファーストラウンドのシャーロット・ボブキャッツ戦で平均30得点、FG成功率55.7%を記録しているレブロン・ジェイムスは、今絶好調です。

 

ネッツはタイトなディフェンスを仕掛け、レブロン・ジェイムスにタフショットを強いなけばならないでしょう。

 

ただ、ドウェイン・ウェイドやクリス・ボッシュといったスター選手を抑えることも重要です。


NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語