2014-15シーズン ルーキー・オブ・ザ・イヤーを予想しよう!②




2014-15シーズン ルーキー・オブ・ザ・イヤーを予想しよう!②

2014年のドラフトは、アンドリュー・ウィギンスやジャバリ・パーカー、ジョエル・エンビードなど、NBAの将来を担うであろう有望選手が数多く指名されました。

 

早くもどの選手がルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝くのか論争となっていますが、NBAブックメーカーを取り扱っている大手スポーツブック「ウィリアムヒル」では、ルーキー・オブ・ザ・イヤー候補の選手と倍率が発表されています。

 

ここでは、ウィリアムヒルが発表しているルーキー・オブ・ザ・イヤーの選手を見ていきたいと思いますので、NBAブックメーカーにぜひお役立てください。

 

※倍率は7月16日現在

 

ジュリアス・ランドル 倍率8.00倍

ロサンゼルス・レイカーズに7位で指名されたジュリアス・ランドルは、将来のレイカーズを担う逸材として注目されています。

 

レブロン・ジェイムスやカーメロ・アンソニーら大物FA選手の獲得をレイカーズは狙っていたため、サラリーの関係上ジュリアス・ランドルの正式契約は遅れてしまいましたが、サマーリーグで徐々に体を慣らしていくことでしょう。

 

特にオフェンスに優れているジュリアス・ランドルは、コービー・ブライアントの大ファンであることを公言しています。

 

2014-15シーズンは先発起用される可能性もありますが、NBAではジャンパーとボールハンドリングのスキルアップが必要となるかもしれません。

 

そういう意味では、一時代を築いてきたコービー・ブライアントがチームメイトであるということは、ジュリアス・ランドルにとってプラスに働くはずです。

 

ダンテ・エグザム 倍率13.00倍

ドラフト5位でユタ・ジャズに入団したダンテ・エグザムは、オーストラリア出身のガードです。

 

ここ最近、ジャズはドアマットチームに沈んでしまっていますが、将来有望な若手選手が多く、ダンテ・エグザムも刺激を受けながらプレイできるでしょう。

 

昨季のルーキー・オブ・ザ・イヤー候補に選出されたトレイ・バークとのコンビプレイが楽しみなところです。

 

ただ、NBAでは3ポイントジャンパーを身に付ける必要があります。

 

ダグ・マクダーモット 倍率13.00倍

ドラフト11位でデンバー・ナゲッツに指名された直後、シカゴ・ブルズへトレードされています。

 

特にアウトサイドショットに定評のある選手で、ブルズは貴重な3ポイントシューターを得ることになるでしょう。

 

また、ボールハンドリングだけでなく、ポストでのプレイもこなせるため、ユーティリティプレイヤーとしてブルズに欠かせない選手となるはずです。

 

ただし、NBAで戦っていくためには、ディフェンスの改善が必要かもしれません。

NBAブックメーカーと勝負してみませんか??(20才以上限定)

NBAファンの実力をNBAブックメーカーで試してみませんか?
今まで以上にNBAを熱く楽しむ事が出来ますよ(^^)

NBAブックメーカーの始め方
まずは↑↑↑を読むと、詳細が理解できます!
ダイレクトにブックメーカー登録をする人は↓↓↓から登録してください!


NBAブックメーカー登録(ウイリアムヒル)はここから!\(^o^)/



William Hill 日本語