nba2014-15シーズン 各チームの展望




nba2014-15シーズン 各チームの展望

オフシーズンの動きもひと段落し、

 

今後はスペインで開催されるFIBAバスケットボール・ワールドカップ、チームキャンプ、プレシーズンゲームを経て、

 

いよいよ2014-15シーズンに突入することになります。

 

 

ただ、オフシーズンの動きは完全に終わっておらず、ミネソタ・ティンバーウルブズのケビン・ラブ、
デトロイト・ピストンズのグレッグ・モンロー、フェニックス・サンズのエリック・ブレッドソーの動向が気になるところです。

 

 

とはいえ、他のチームのオフでの補強はほぼ完了していますので、
今回から2014-15シーズンにおける各チームの展望を見ていきたいと思います。

 

 

NBAブックメーカーでの予想に参考にしていただけると幸いです。

 

 

なお、各チームの展望を見ていくにあたり、オフシーズンの動き、負傷者状況、チームの課題、Xファクターの4点に分けて説明します。

 

それぞれの項目でどのようなことを説明していくのかをまずはお伝えしていきますので、チェックしてください。

 

 

オフシーズンの動き

20014-15シーズンを占ううえで最も重要になるのが、オフシーズンにどのような補強をしたかということです。

 

各チームとも、昨シーズンの成功・失敗をもとにロスターや戦略を見直し、NBAタイトル獲得を狙っていくことになります。

 

もちろん、すべてのチームがオフシーズンの補強に成功したとはいえませんが、この補強次第で一気に強豪チームへと名乗りをあげるチームも現れるでしょう。

 

負傷者状況

シーズン中のみならず、オフシーズンにも毎年のように負傷者が出ています。

 

今年のオフで言えば、チームUSAに参加していたインディアナ・ペイサーズのポール・ジョージでしょう。

 

ペイサーズのエースとしてチームを牽引していたポール・ジョージは、チームUSAのエキシビジョンマッチで開放骨折を負い、完治までに18ヶ月かかると言われています。

 

2014-15シーズンはほぼ絶望的と見られていますが、他チームにおいても負傷者が出る可能性は否めませんので、NBAブックメーカーで予想するためには負傷者も把握しておくことが必須となります。

 

チームの課題

昨シーズンの結果、そして今年のオフシーズンでの動きから、NBA各チームの課題を浮き彫りにしてみようと思います。

 

課題がまったくないチームはありませんので、NBAブックメーカーでは各チームの課題を把握しておくことも大きなポイントとなるでしょう。

 

Xファクター

各チームのXファクター、つまり不確定要素となりうる選手などについて説明します。

 

各チームには一気に成長しそうな選手や、ドラフトで獲得した有望選手がいますので、それらの選手を中心にXファクターを分析していますので、NBAブックメーカーに役立ててください。

 

 

 


nba2014-15シーズン 各チームの展望記事一覧

2014-15シーズン ボストン・セルティックスの展望

2014-15シーズンのNBAは、2013-14シーズンと比べると激戦が予想されています。レブロン・ジェイムスがクリーブランド・キャバリアーズへ復帰したことでマイアミ・ヒートのビッグ3は解体し、インディアナ・ペイサーズのポール・ジョージがシーズン絶望となる大怪我をするなど、ボストン・セルティックスの...

≫続きを読む

2014-15シーズン ブルックリン・ネッツの展望

2014-15シーズン開幕まであと数ヶ月となりましたが、昨季序盤のスタートダッシュに失敗したブルックリン・ネッツとしては、開幕から飛ばしていきたいところです。シーズン後半から一気に巻き上げ、イースタン・カンファレンス5位でプレイオフに進出したネッツですが、シカゴ・ブルズにファーストラウンドで破れてし...

≫続きを読む

2014-15シーズン ニューヨーク・ニックスの展望

シカゴ・ブルズとロサンゼルス・レイカーズを3連覇に導いた名将、フィル・ジャクソンが球団社長に就任し、レイカーズ時代にフィル・ジャクソンのもとでプレイしていたデレック・フィッシャーがヘッドコーチに就任したニックスは、変革の時を迎えようとしています。2014-15シーズンからトライアングルオフェンスを導...

≫続きを読む

2014-15シーズン シカゴ・ブルズの展望

2012-13シーズン、2013-14シーズンは、シカゴ・ブルズにとって苦難のシーズンだったといっても良いかもしれません。エースのデリック・ローズが2度の大怪我でチームを離脱し、ブルズはエース抜きでシーズンを戦わなければなりませんでした。それでもトム・ティボドーHCの巧みな指揮のもと、ブルズは両シー...

≫続きを読む

2014-15シーズン クリーブランド・キャバリアーズの展望

レブロン・ジェイムスがマイアミ・ヒートに移籍して以降、クリーブランド・キャバリアーズは辛いシーズンを過ごしてきました。ドラフトNo.1ルーキーのカイリー・アービングやアンソニー・ベネットらを獲得するも、プレイオフに進出することさえ叶わなかったキャブスですが、2014-15シーズンはこれまでと違ったシ...

≫続きを読む

2014-15シーズン デトロイト・ピストンズの展望

デトロイト・ピストンズにとって、2013-14シーズンは辛い年となってしまいました。2013年の7月にはデトロイト市が実質上の財政破綻に陥ってしまいましたが、ピストンズが素晴らしい実績を残すことができれば、デトロイト市民にとっても励みとなってかもしれません。昨年のオフにブランドン・ジェニングスとジョ...

≫続きを読む

2014-15シーズン ミルウォーキー・バックスの展望

ミルウォーキー・バックスにとって、2013-14シーズンは悪夢のような年になってしまいました。2012-13シーズンにはブランドン・ジェニングスとモンテ・エリスの強力デュオでプレイオフ進出を果たしたバックスですが、昨年オフにブランドン・ジェニングスがデトロイト・ピストンズへ、モンテ・エリスがダラス・...

≫続きを読む

2014-15シーズン アトランタ・ホークスの展望

2013-14シーズンに予想外の躍進を遂げたチームのひとつにあげられるのが、アトランタ・ホークスです。38勝44敗と勝率5割を下回ったものの、イースタン・カンファレンストップクラスの得点力でプレイオフに進出。プレイオフ・ファーストラウンドでインディアナ・ペイサーズに惜敗してしまいましたが、アル・ホー...

≫続きを読む

2014-15シーズン シャーロット・ホーネッツの展望

2013-14シーズンに最も躍進を遂げたチームといっても過言ではないのが、シャーロット・ホーネッツです。2011-12シーズンは7勝59敗の勝率10.6%、2012-13シーズンは21勝61敗の勝率25.6%にとどまっていたホーネッツでしたが、2013-14シーズンには43勝39敗の勝率52.4%と...

≫続きを読む

2014-15シーズン マイアミ・ヒートの展望

ここ4シーズンはマイアミ・ヒートのシーズンだったといっても過言ではないかもしれません。レブロン・ジェイムス、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュというビッグスリーを中心に、ここ4シーズンすべてでプレイオフファイナルに進出、さらにうち2回はNBAタイトルを獲得してきました。しかし、このオフシーズンに...

≫続きを読む

2014-15シーズン オーランド・マジックの展望

ドワイト・ハワードがチームを去った“ドワイト・メア”以降、オーランド・マジックは苦しいシーズンを送っています。昨季はわずか23勝の勝率28.0%に終わり、イースタン・カンファレンスではミルウォーキー・バックス、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに次ぐワースト3位。2014-15シーズンも、マジッ...

≫続きを読む

014-15シーズン ワシントン・ウィザーズの展望

ワシントン・ウィザーズは、2014-15シーズンで台風の目となれるチームに生まれ変わったといっても過言ではありません。2013-14シーズンもイースタン・カンファレンス5位と素晴らしい成績を残しているのですが、新シーズンが昨季以上に面白いチームと言えそうです。なお、NBAブックメーカーをお楽しみいた...

≫続きを読む

2014-15シーズン ダラス・マーベリックスの展望

2013-14シーズン、ダラス・マーベリックスはウェスタン・カンファレンス8位でプレイオフに進出しました。プレイオフ・ファーストラウンドでサンアントニオ・スパーズ相手に善戦するも、敗れてしまいましたが、2014-15シーズンは期待できそうな内容だったといえるかもしれません。では、2014-15シーズ...

≫続きを読む

2014-15シーズン ヒューストン・ロケッツの展望

2014-15シーズンのヒューストン・ロケッツには、多くのNBAファンが期待していました。なぜなら、昨年オフにNBAを代表するセンターのドワイト・ハワードを獲得していたからです。確かに強豪チームひしめくウェスタン・カンファレンスで4位という高順位を残し、プレイオフに進出したのですが、プレイオフ・ファ...

≫続きを読む

2014-15シーズン メンフィス・グリズリーズの展望

2013-14シーズン、メンフィス・グリズリーズはレギュラーシーズン50勝32敗でプレイオフに進出するも、1回戦でケビン・デュラント率いるオクラホマシティ・サンダーに敗れてしまいました。12月後半あたりから調子を落とし始めたグリズリーズですが、大きな要因として挙げられるのは、やはりクインシー・ポンデ...

≫続きを読む

2014-15シーズン ニューオーリンズ・ペリカンズの展望

2014-15シーズンのニューオーリンズ・ペリカンズは、面白いチームのひとつとなるかもしれません。NBAキャリア3年目を迎えるアンソニー・デイビスは、この夏にスペインで開催されたFIBAバスケットボール・ワールドカップに出場し、評価を上げました。長いスパンでダンクを叩き込み、相手のショットはことごと...

≫続きを読む

2014-15シーズン サンアントニオ・スパーズの展望

2013-14シーズンはサンアントニオ・スパーズにとって最高のシーズンとなりました。2012-13シーズンのNBAファイナルでマイアミ・ヒートに敗れ、惜しくもNBAタイトル獲得を逃したスパーズでしたが、2013-14シーズンのNBAファイナルではそのヒートにリベンジを果たし、念願のタイトルを獲得して...

≫続きを読む

2014-15シーズン デンバー・ナゲッツの展望

2013-14シーズンは、デンバー・ナゲッツにとって不運が次ぐシーズンとなってしまいました。ジョージ・カールHCが去ったナゲッツでは、さらに主力選手として活躍していたアンドレ・イグダーラもゴールデンステイト・ウォリアーズへ移籍。それだけにとどまらず、シーズン中にはジャベール・マクギーやダニーロ・ガリ...

≫続きを読む

2014-15シーズン ミネソタ・ティンバーウルブズの展望

プレイオフ進出を逃し続けているミネソタ・ティンバーウルブズですが、今後は楽しみなチームとなるかもしれません。このオフには大きな動きもあり、将来が期待できるルーキーを獲得することができましたので、すぐにとはいかないかもしれませんが、間違いなく将来的には面白いチームのひとつとなるでしょう。では、2014...

≫続きを読む

2014-15シーズン オクラホマシティ・サンダーの展望

オクラホマシティ・サンダーは2013-14シーズン、59勝23敗の勝率72.0%、ウェスタン・カンファレンス2位でプレイオフに進出しました。プレイオフ・ファーストラウンドでは堅守のメンフィス・グリズリーズ相手に苦戦しましたが、セカンドラウンドへ進出、サンアントニオ・スパーズと対戦。不運なことに、フォ...

≫続きを読む

2014-15シーズン ポートランド・トレイルブレイザーズの展望

2013-14シーズン、ポートランド・トレイルブレイザーズは54勝28敗、ウェスタン・カンファレンス5位でプレイオフに進出しました。プレイオフ・ファーストラウンドではジェイムス・ハーデンとドワイト・ハワード擁するヒューストン・ロケッツを相手に、何度もオーバータイムにもつれる激戦を展開。最後はダミアン...

≫続きを読む

2014-15シーズン ユタ・ジャズの展望

かつてマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズと激戦を繰り広げたユタ・ジャズですが、近年は再建期に突入しています。2013-14シーズンは25勝57敗、ウェスタン・カンファレンス最下位で終えたジャズですが、チームの再建にはまだ時間がかかるでしょう。NBAブックメーカーでお馴染みのウィリアムヒルは、ジ...

≫続きを読む

2014-15シーズン ゴールデンステイト・ウォリアーズの展望

2013-14シーズンのゴールデンステイト・ウォリアーズは、51勝31敗の勝率62.2%、ウェスタン・カンファレンス6位という成績に終わりました。プレイオフではクリス・ポール率いるロサンゼルス・クリッパーズ相手に1回戦で敗れてしましましたが、今後が楽しみなチームのひとつであることには間違いありません...

≫続きを読む

2014-15シーズン ロサンゼルス・クリッパーズの展望

長年にわたってドアマットチームの汚名を着せられていたロサンゼルス・クリッパーズは、クリス・ポール加入後から常勝チームへと変貌を遂げました。昨季は激戦のウェスタン・カンファレンスを57勝25敗の3位でプレイオフに進出し、ファーストラウンドではステフェン・カリー率いるゴールデンステイト・ウォリアーズを4...

≫続きを読む

2014-15シーズン ロサンゼルス・レイカーズの展望

ここ数年、名門ロサンゼルス・レイカーズは悪夢のようなシーズンを送っています。2012-13シーズンにはドワイト・ハワードとスティーブ・ナッシュという2大スター選手をロスターに加えるも、主力選手のほとんどが怪我で離脱し、エースのコービー・ブライアントもプレイオフ進出前にアキレス腱を断裂。2013-14...

≫続きを読む

2014-15シーズン フェニックス・サンズの展望

2010-11シーズン以来、フェニックス・サンズはプレイオフに進出出来ていません。ただ、昨シーズンの試合を見れば、今後楽しみなチームの一つと言えるでしょう。昨年オフに新たにヘッドコーチとして就任したジェフ・ホーナセックHC率いるサンズはかつてのラン&ガンを蘇らせ、2013-14シーズンは48勝34敗...

≫続きを読む

2014-15シーズン サクラメント・キングスの展望

かつてジェイソン・ウィリアムスやブラデ・ディバッツ、ペジャ・ストヤコビッチ、クリス・ウェバーを擁したサクラメントキングスは、1990年代後半から2000年代序盤にかけてはプレイオフ常連チームでした。ところが、2006-07シーズンに入ると様子が一変し、2005-06シーズンを最後に一度もプレイオフに...

≫続きを読む

2014-15シーズン レギュラーシーズンMVP予想

2014-15シーズンも間もなく開幕を迎えようとしていますが、NBAブックメーカーをご利用いただける大手ブックメーカー「ウィリアムヒル」では、すでに2014-15シーズンのオッズがつけられています。ウィリアムヒルが予想しているレギュラーシーズンMVP候補は、全25選手です。もちろんリーグを代表する選...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 レブロン・ジェイムス

NBAブックメーカーでお馴染みの大手ブックメーカー「ウィリアムヒル」が2014-15レギュラーシーズンにおけるMVP筆頭候補にあげているのが、クリーブランド・キャバリアーズへ復帰したレブロン・ジェイムスです。ウィリアムヒルはレブロン・ジェイムスのMVP獲得に2.00倍(2014年10月14日時点)と...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 ケビン・デュラント

2014-15のレギュラーシーズンMVP候補として、レブロン・ジェイムスと共に最有力視されているのが、オクラホマシティ・サンダーのケビン・デュラントです。レギュラーシーズンMVPを受賞した昨季、ケビン・デュラントの受賞スピーチは多くの感動を呼びましたが、果たして2年連続でMVPを受賞することはできる...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 ブレイク・グリフィン

毎年成長を続けているロサンゼルス・クリッパーズのブレイク・グリフィンですが、昨季はとうとうレギュラーシーズンのMVP候補上位に挙げられるまでになりました。2014-15シーズンもレギュラーシーズンMVPレースに参戦すると見られているものの、ブレイク・グリフィンがMVPを受賞できるかどうかは、クリーブ...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 デリック・ローズ

シカゴ・ブルズのデリック・ローズが、いよいよ復帰します。2008-09シーズンにNBAデビューを果たしたデリック・ローズは、早速ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞すると、2010-11シーズンにはレギュラーシーズンMVPを受賞。順調にスターダムを駆け上がっていたデリック・ローズでしたが、その後は左膝前...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 クリス・ポール

ロサンゼルス・クリッパーズに移籍して以降、チームをプレイオフ常連チームへと生まれ変わらせたクリス・ポールですが、昨季のプレイオフは悪夢といっても良いのではないでしょうか。昨年のオクラホマシティ・サンダーとのプレイオフ・セカンドラウンド第5戦では1分を切った時点でクリッパーズがリードしていましたが、2...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 ジェイムス・ハーデン

オクラホマシティ・サンダー時代はベンチプレイヤーとして活躍していたジェイムス・ハーデンは、今やヒューストン・ロケッツに欠かせないエースです。だが、2012年にサンダーからロケッツに移籍し、エースとして君臨すると、早速チームをプレイオフへ牽引。翌年にはリーグを代表するセンターのひとり、ドワイト・ハワー...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 アンソニー・デイビス

このオフは、ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスにとって貴重な体験をした夏となりました。FIBAバスケットボール・ワールドカップにチームUSAの一員として出場すると、目を見張るような活躍でチームを牽引。金メダル獲得に貢献しています。アンソニー・デイビスはNBAデビュー前にもチームUSA...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 ラッセル・ウェストブルック

膝の負傷でパフォーマンスの低下が危惧されていたものの、復帰後のラッセル・ウェストブルックは怪我前とほとんど変わらないパフォーマンスを披露しています。ケビン・デュラントが骨折で離脱した今、オクラホマシティ・サンダーにとってラッセル・ウェストブルックの働きが大きなポイントとなってくるのですが、サンダーと...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 ステフェン・カリー

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフェン・カリーは、毎年確実に力をつけてきています。2011-12シーズンは負傷の影響もあってわずか26試合の出場に終わりましたが、それ以降の2012-13、2013-14シーズンは平均20得点以上を記録。アシスト数も着実に増えてきており、NBAトップクラスのガー...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 ケビン・ラブ

オフシーズンで起こった最も大きなサプライズといえば、やはりレブロン・ジェイムスがクリーブランド・キャバリアーズに復帰したということでしょう。そのレブロン・ジェイムスにつられるように、NBAデビュー以来ミネソタ・ティンバーウルブズをエースとして牽引してきたケビン・ラブもキャブスに移籍しました。レブロン...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 カイリー・アービング

2014-15シーズンも1週間が経過しましたが、早くも好調なチームと不調なチームが顕著になってきつつあります。NBAブックメーカーを取り扱っているウィリアムヒルはクリーヴランド・キャバリアーズに最も高い倍率をつけていますが、そのキャブスは開幕3戦を終えた時点で1勝2敗と負け越しています。「フロアリー...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 コービー・ブライアント

アキレス腱断裂、そして骨折という重傷から、ロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントがついに復活しました。NBAファイナルMVPに2回、オールNBAファーストチームに11回、オールスター選出16回を誇るコービー・ブライアントももう36歳。2度の重傷からパフォーマンスの低下が心配されていましたが...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 ドワイト・ハワード

何かと世間を騒がせてくれるヒューストン・ロケッツのドワイト・ハワードですが、その実力は間違いなくNBAトップクラスです。ロケッツではインサイドの要をして貢献しているドワイト・ハワードが、レギュラーシーズンMVPを獲得する可能性がどれくらいあるのでしょうか。NBAブックメーカーでお馴染みのウィリアムヒ...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 クリス・ボッシュ

クリス・ボッシュが所属しているマイアミ・ヒートは、ここ4シーズン連続でNBAファイナルに進出し、うち2回NBAタイトルを獲得しました。レブロン・ジェイムス、ドウェイン・ウェイドとともにヒートのビッグ3の一人として貢献していたクリス・ボッシュですが、チームの中心的役割を担っていたのはレブロン・ジェイム...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 ジョン・ウォール

キャリア5シーズン目を迎えているワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールは、NBAトップクラスのガードに成長しつつあります。昨季はいずれもキャリアハイとなる平均19.3得点、8.8アシスト、1.8スティール、3P成功率35.1%を記録しました。今季もキャリアハイの数字を塗り替える推移でプレイしており...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 トニー・パーカー

サンアントニオ・スパーズのベテランポイントガード、トニー・パーカーは、ロサンゼルス・クリッパーズに所属するクリス・ポールのような魅せるパスを持っているわけでもなく、ゴールデンステイト・ウォリアーズに所属するステファン・カリーのような強烈なアウトサイドショットを持っているというわけでもありません。しか...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 ジョアキム・ノア

シカゴ・ブルズにとって、ジョアキム・ノアは欠かせない選手となりました。故障者が相次いたここ数シーズンのブルズを闘志溢れるプレイで牽引し、エースのデリック・ローズを欠きながらもブルズをプレイオフ進出へ導いています。では、ジョアキム・ノアが2014-15シーズンのMVPに選手される可能性はどれくらいある...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 ティム・ダンカン

サンアントニオ・スパーズのベテランフォワード、ティム・ダンカンは、今季終了後に2年契約満了を迎えます。2014-15シーズン終了後には39歳になっていることから、ティム・ダンカンの現役引退もささやかれはじめていますので、ティム・ダンカンの今季にかける意気込みは相当なものなのではないでしょうか。プレイ...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 ドウェイン・ウェイド

”フラッシュ”の愛称で親しまれているマイアミ・ヒートのドウェイン・ウェイドは、ここ数シーズン膝の問題と戦い続けています。五体満足な状態でシーズンを過ごせずにいるドウェイン・ウェイドですが、レブロン・ジェイムスがチームに加わって以来、4年連続NBAプレイオフファイナル進出、うち2回チャンピオンに輝きま...

≫続きを読む

レギュラーシーズンMVP予想 カワイ・レナード

昨季ブレイクした選手のひとりといえば、サンアントニオ・スパーズのカワイ・レナードでしょう。NBAプレイオフファイナルでは当時マイアミ・ヒートのレブロン・ジェイムスを抑えてみせるだけでなく、オフェンスでも多大な貢献をし、スパーズのNBAタイトル獲得の原動力となりました。ファイナルMVPを受賞し、波に乗...

≫続きを読む

マーク・ガソル レギュラーシーズンMVP予想

メンフィス・グリズリーズのマーク・ガソルは、現在のNBAにおいて最高のセンターのひとりといっても過言ではありません。2012-13シーズンにはディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞するほどディフェンスにも優れ、さらにセンターらしからぬミドルショット、周りの選手をいかすアシストなど、多彩な...

≫続きを読む

2015年にFAとなる選手 ポイントガード編①

2014-15シーズン終了後には、多くのポイントガードがFAになる権利を得ることになります。完全FAとなる選手もいれば、制限付きFAとなる選手もいるのですが、2014-15シーズン中に注目したいのは完全FAとなる選手です。今季終了後に完全FAとなり、他チームへ移籍するとなると、今現在のチームは見返り...

≫続きを読む

2015年にFAとなる選手 ポイントガード編②

チームの司令塔であるポイントガードは、勝利のための重要なポジションです。各チームとも優秀なポイントガードを揃えていますが、チームの勝利のためにはより優秀なポイントガードを獲得することが必須と言えるかもしれません。今回は2014-15シーズン終了後にFAとなるポイントガードを紹介したいと思いますので、...

≫続きを読む