2015年2月9~13日の注目3試合

2015年2月9日から13日までに行われる試合の中で、

 

特に注目したい試合をプレビューしていますので、

 

NBAブックメーカーの参考にしてください。

 

 

※ウィリアムヒルは各試合の倍率を前日に発表しています。

 

 

2月9日 ロサンゼルス・クリッパーズ対オクラホマシティ・サンダー

2月7日の時点で、クリッパーズはウェスタン・カンファレンス6位、サンダーはウェスタン・カンファレンス10位に位置しています。

 

シーズン序盤はケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックという2大エースを怪我で欠き、苦しい戦いを強いられていたサンダーですが、

 

ケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックが復帰して以降は徐々に盛り返し始めているようです。

 

 

とは言え、今季のデュラントは怪我が多く、シーズン後半についても若干不安が残ります。

 

一方のクリッパーズは、ドック・リバースHCが満足できるだけのパフォーマンスを見せていません。

 

 

前回の対決では93-90でクリッパーズが勝利しましたが、
今回はサンダーのホームゲームかつデュラントも出場できると見られていますので、新たにディオン・ウェイターズを加えたサンダーに期待したいところです。

 

ちなみに、ウェストブルックが骨折したのは、前回のクリッパーズ戦でした。

 

2月9日 アトランタ・ホークス対メンフィス・グリズリーズ

イースタン・カンファレンスとウェスタン・カンファレンスの上位チーム対決になりますが、1月8日の対戦では96-86でホークスが勝利しました。

 

サンアントニオ・スパーズを彷彿とさせるシステムで勝ち星を重ね続けているホークスに対し、リーグナンバー1のディフェンスを誇るグリズリーズ。

 

1月のプレイヤー・オブ・ザ・マンスにはホークスの先発5選手が選ばれるなど、絶好調のホークスですが、シーズン前半戦ではこのグリズリーズ戦が山場となりそうです。

 

2月13日 クリーブランド・キャバリアーズ対シカゴ・ブルズ

キャブスとブルズは今季すでに2度対戦しており、いずれもキャブスが勝利しています。

 

前回の対決ではキャブスにFG成功率45.6%を許し、先発5選手に二ケタ得点をあげられてしまったブルズですが、自慢のディフェンスを見せてもらいたいところです。

 

ただ、前回はディフェンス力に定評のあるジョアキム・ノアが欠場していたため、ジョアキム・ノアとパウ・ガソルのツインタワーが大きな鍵になるかもしれません。

 

一方のキャブスは、インディアナ・ペイサーズに敗れるまで12連勝と波に乗っています。

 

プレイオフで対決する可能性もあるだけに、ブルズは勝ち星をあげ、「キャブスには勝てない」というイメージを変えなければならないでしょう。