2015年にFAとなる選手 ポイントガード編⑥

チームの司令塔であるポイントガードのポジションは多くのチームが重要視しています。

 

2014-15シーズン終了後には多くのポイントガードにFAとなる可能性がありますが、少しでもチームにフィットできるポイントガードを獲得するために、多くのチームがFAポイントガードに興味を示すことになるでしょう。

 

今回は2015年にFAとなるポイントガード最終章となりますので、ぜひNBAブックメーカーの参考にしてください。

 

ノリス・コール

所属チーム:マイアミ・ヒート
2014-15シーズンに得るサラリー:2,150,188ドル
キャリアで得ているサラリー:3,247,680ドル
今季終了後:制限付きFA

 

レブロン・ジェイムスが去ったヒートは、昨季と比べると苦しい戦いを余儀なくされています。

 

そんな中、昨季から台頭し始めてきたノリス・コールは、ついにヒートでの先発の座を手にしました。

 

とは言え、周りをいかすようなタイプの選手ではありませんので、もし大きな契約を獲得したいのであれば、今季24試合終了時点での平均7.0得点をさらに高めなければならないでしょう。

 

ただ、平均3.4アシストという数字はポイントガードとしては低いと考えられるため、チームメイトをいかすパスも学ぶ必要があります。

 

レイモンド・フェルトン

所属チーム:ダラス・マーベリックス
2014-15シーズンに得るサラリー:4,360,000ドル
キャリアで得ているサラリー:41,010,078ドル
今季終了後:プレイヤーオプション

 

今季からマブスに所属しているレイモンド・フェルトンですが、銃の所持問題や怪我などで今季は未だ出場していません。

 

マブスはレイジョン・ロンドというリーグトップクラスのポイントガードをトレードで獲得したため、このままいけばレイモンド・フェルトンはチームに必要ない存在となってしまいかねません。

 

キャリアで平均13.1得点を記録しているレイモンド・フェルトンですが、今後の雲行きは怪しいと言わざるを得ないでしょう。

 

ルー・ウィリアムス

所属チーム:トロント・ラプターズ
2014-15シーズンに得るサラリー:5,450,000ドル
キャリアで得ているサラリー:31,758,319ドル
今季終了後:完全FA

 

28歳のルー・ウィリアムスは、今季のラプターズに大きく貢献しています。

 

チームはイースタン・カンファレンス首位を走っており、このままいけばまず間違いなくプレイオフに進出するでしょう。

 

ルー・ウィリアムスは今季平均14.7得点、1.6リバウンド、1.4アシストとポイントガードとしてはアシストに物足りなさを感じるところですが、オフェンス力は紛れもなく本物です。

 

本人さえ望むのであれば、多くのチームが獲得に動くと予想されます。