2015年にFAとなる選手 センター編①

近年のNBAでは、インサイドだけでなくアウトサイドからもオフェンスを仕掛けることのできるセンターの選手が増えてきています。

 

かつてのシャキール・オニールなどのように、インサイドをゴリゴリ攻めるセンタープレイヤーは少なくなってきているものの、センターは間違いなく重要なポジションと言えるでしょう。

 

今季終了後には多くのセンターの選手がFAになりますが、なかでも注目されているのは、メンフィス・グリズリーズのマーク・ガソルです。

 

センターの移籍によって戦力図が変わる可能性もひてき出来ませんので、NBAブックメーカーでの予想を当てるためにはFAとなる選手を知っておくと良いかもしれません。

 

今回は、2014-15シーズン終了後に完全FAとなるマーク・ガソル、プレイヤーオプションでFA権を獲得できるブルック・ロペスについて触れていきたいと思います。

 

※所属チームなどの情報は日本時間3月1日時点

 

マーク・ガソル

所属チーム:メンフィス・グリズリーズ
2014-15シーズンに得るサラリー:15,829,688ドル
キャリアで得ているサラリー:67,317,097ドル
今季終了後:完全FA

 

今年夏に最も去就が注目されているセンターといえば、やはりマーク・ガソルでしょう。

 

ニューヨーク・ニックスやロサンゼルス・レイカーズなどがマーク・ガソル獲得に動くと噂されていますが、レイカーズと契約する可能性は低いかもしれません。

 

元レイカーズで現在はシカゴ・ブルズでプレイしている兄パウ・ガソルは、マーク・ガソルにレイカーズを勧めておらず、一方で「グリズリーズに残留するだろう」と発言しています。

 

マーク・ガソルはNBAタイトル獲得を狙えるチームとの契約を希望するとしていますので、レイカーズはもちろんニックスへ移籍する可能性も低いと言わざるを得ません。

 

とは言え、両チームが具体的かつ現実的な再建プランを持ち出せば、話が変わる可能性もあります。

 

しかしながら、優勝を争うチームにすぐに生まれ変わるとは考え難いため、現時点ではグリズリーズとの再契約が濃厚と言えるでしょう。

 

ブルック・ロペス

所属チーム:ブルックリン・ネッツ
2014-15シーズンに得るサラリー:15,719,000ドル
キャリアで得ているサラリー:53,896,399ドル
今季終了後:プレイヤーオプション

 

ブルック・ロペスの最も大きなネックは、やはり怪我でしょう。

 

ここのところ怪我が相次いでおり、ネッツ側もトレードでの放出を希望していました。

 

しかしながら、どのチームとの交渉も成立せず、結論が今年夏に持ち越されます。

 

現状、計算できないセンタープレイヤーを主力選手として迎えたいチームは少ないと見られるため、ロペスにとっては今季後半の活躍がひとつのターニングぽいんとになるかもしれません。