NBA 2014-15シーズン チャンピオンシップ優勝チーム予想⑦

NBA2014-15シーズンも終盤にさしかかかり、プレイオフレースも激戦が繰り広げられています。

 

 

日本時間28日の時点で、すでにプレイオフ進出を決めているのは、

 

イースタン・カンファレンスではアトランタ・ホークス、クリーブランド・キャバリアーズ、シカゴ・ブルズ、
トロント・ラプターズの4チーム、ウェスタン・カンファレンスではゴールデンステイト・ウォリアーズ、メンフィス・グリズリーズ、ヒューストン・ロケッツ、ロサンゼルス・クリッパーズの4チームです。

 

 

 

各カンファレンスとも残すところあと4枠となっていますが、
NBAブックメーカーをお楽しみいただけるウィリアムヒルは、すでにチャンピオンシップ優勝チームの倍率を発表しています。

 

今回はウィリアムヒルが予想しているポートランド・トレイルブレイザーズとインディアナ・ペイサーズを分析してみたいと思いますので、NBAブックメーカーの参考にしてください。

 

※倍率は2015年3月28日時点

 

 

ポートランド・トレイルブレイザーズ 倍率34.00

ポートランド・トレイルブレイザーズがプレイオフに進出するのは、ほぼ確実でしょう。

 

昨季はプレイオフ・ファーストラウンドでヒューストン・ロケッツと大激戦を演じ、ダミアン・リラードの劇的な3Pショットで勝利したブレイザーズですが、続くサンアントニオ・スパーズとのセカンドラウンドではあっけなく敗戦してしまいました。

 

今季のブレイザーズにはアーロン・アフラロが加わり、ロスターは昨季より充実していると見られるものの、ウェズリー・マシューズの離脱はマイナスポイントです。

 

このままの成績で推移したとすると、プレイオフ・ファーストラウンドでロサンゼルス・クリッパーズもしくはサンアントニオ・スパーズと対戦する可能性が高いでしょう。

 

クリッパーズと対戦するとなると、クリス・ポールにマッチアップするダミアン・リラード、ブレイク・グリフィンにマッチアップするラマーカス・オルドリッジが大きな鍵となりそうです。

 

また、デアンドレ・ジョーダンをロビン・ロペスがいかに抑え込むかも、ポイントのひとつとなるでしょう。

 

一方、スパーズとの対戦になった場合は、昨季のリベンジを果たしたいところです。

 

インディアナ・ペイサーズ 倍率81.00

現在、インディアナ・ペイサーズはイースタン・カンファレンス10位に位置しています。

 

8位のボストン・セルティックスとは1ゲーム差、7位のマイアミ・ヒートとは2ゲーム差と、まだまだプレイオフ進出のチャンスはあると言えるでしょう。

 

エースのポール・ジョージが離脱しているペイサーズですが、今季中の復帰も噂されています。

 

現状では復帰の目処は立っていないものの、もし今季中に復帰するとなれば、ペイサーズのモチベーションを一気に押し上げることとなりそうです。

 

とはいえ、プレイオフに進出した場合、アトランタ・ホークスもしくはクリーブランド・キャバリアーズと対戦すると見られているため、ファーストラウンドの突破は難しいかもしれません。