2015年にFAとなる選手 パワーフォワード編①

近年のNBAでは、アウトサイドショットも打てるパワーフォワードが増加しています。

 

その代表格としてあげられるのは、やはりクリーブランド・キャバリアーズのケビン・ラブでしょう。

 

とは言え、パワーフォワードの選手にはインサイドでもプレイも求められており、以前と比べるとその役割は広がっているのかもしれません。

 

今季終了後、多くのパワーフォワードの選手がFAとなる可能性がありますが、NBAブックメーカーでの予想を的中させるためにもどの選手がFAになる可能性を有しているのか把握しておくと良いでしょう。

 

以下、今季終了後にFAとなる可能性があるパワーフォワードの選手を紹介したいと思います。

 

※所属チームなどの情報は2015年2月5日時点

 

ケビン・ラブ

所属チーム:クリーブランド・キャバリアーズ
2014-15シーズンに得るサラリー:15,719,063ドル
キャリアで得ているサラリー:58,894,420ドル
今季終了後:プレイヤーオプション
昨季までミネソタ・ティンバーウルブズでプレイしていたラブは、今季からレブロン・ジェイムスとともにキャブスでプレイしています。

 

レブロン・ジェイムス、ケビン・ラブ、カイリー・アービングというビッグ3が結成されたキャブスですが、ケビン・ラブにおいては期待されてるほどのパフォーマンスを発揮できていません。

 

ここ最近は得意の3P成功率も落ちてきており、試合中にはシュートをためらうような場面も見られます。

 

もしラブが現状に不満を持ち、それが今季を通して続くようであれば、プレイヤーオプションを行使して他チームへ移籍する可能性もあります。

 

とは言え、現在のところはキャブスと再契約する可能性が高いと噂されており、来季以降もキャブスでプレイする可能性が高そうです。

 

ただ、キャブスがどのような内容で契約を提示するのか注目が集まります。

 

ラマーカス・オルドリッジ

所属チーム:ポートランド・トレイルブレイザーズ
2014-15シーズンに得るサラリー:15,200,000ドル
キャリアで得ているサラリー:85,276,907ドル
今季終了後:完全FA
昨季は念願のプレイオフに進出したポートランド・トレイルブレイザーズですが、ラマーカス・オルドリッジにはそれまで他チームへの移籍の噂が絶えませんでした。

 

ですが、今季のブレイザーズも好調を続けており、もしNBAタイトル獲得の可能性をラマーカス・オルドリッジが感じられたなら、ブレイザーズでプレイし続ける可能性が高いと言えるでしょう。

 

ですが、今季終了後は完全FAとなるため、ラマーカス・オルドリッジには多くのチームがオファーを持ちかけると見られています。

 

ブレイザーズが今季をふがいない成績で終え、NBAタイトル獲得を狙えるチームからオファーがあれば、移籍の可能性も捨てきれません。