2015年にFAとなる選手 シューティングガード編⑤

クリーブランド・キャバリアーズがシックスマンのディオン・ウェイターズをオクラホマシティ・サンダーへ、

 

ニューヨーク・ニックスがJR・スミスとイマン・シャンパートをキャブスへトレードするなど、

 

大きな動きがあったNBAですが、

 

今季終了後には多くのシューティングガードのポジションの選手がFAになる権利を得ますので、オフにも大きな動きが見られるかもしれません。

 

 

 

特に完全FAとなる選手や、
実力はありながらも十分な出場時間を得られない選手は他チームへ移籍する可能性あるため、今から注目しておきたいところです。

 

 

今回は2014-15シーズン終了後にFAとなる権利を得るシューティングガードのポジションの選手を紹介したいと思いますので、

 

NBAブックメーカーの参考にしてもらえたらと思います。

 

 

 

※所属チームなどの情報は2015年1月6日時点

 

ダニー・グリーン

所属チーム:サンアントニオ・スパーズ
2014-15シーズンに得るサラリー:4,025,000ドル
キャリアで得ているサラリー:12,693,631ドル
今季終了後:完全FA

 

ダニー・グリーンがサンアントニオ・スパーズ以外のチームに移籍する可能性は非常に低いといって良いでしょう。

 

今季のスパーズは負傷者が続出しているということもあり、厳しい戦いを強いられていますが、その中でもダニー・グリーンは先発出場(1試合を除く)を続け、チームに貢献しています。

 

カワイ・レナードが昨季のNBAファイナルMVPに輝いたということもあって陰に隠れがちではあるものの、スパーズにとってダニー・グリーンは必要不可欠な選手といって間違いありません。

 

なお、今季のダニー・グリーンは34試合に出場した時点で平均12.4得点、4.4リバウンド、2.0アシストと、いずれもキャリアハイとなる数字を記録しています。

 

JR・スミス

所属チーム:ニューヨーク・ニックス⇒クリーブランド・キャバリアーズ
2014-15シーズンに得るサラリー:5,982,375ドル
キャリアで得ているサラリー:40,012,765ドル
今季終了後:プレイヤーオプション

 

今季は怪我に苦しんでいたJR・スミスですが、ニックスからキャブスへトレードされるというサプライズがありました。

 

JR・スミスにはかつてからトレードの噂があがっていたのですが、キャブスへの移籍を予想する人は少なかったようです。

 

ディオン・ウェイターズがオクラホマシティ・サンダーへ移籍したことにより、JR・スミスはベンチスコアラーとして起用されることになるでしょう。

 

ただ、昨季のような奇行は遠慮してもらいたいところです。