2015 NBAプレイオフ・ファーストラウンド 途中経過

2015年のNBAプレイオフもファーストラウンドがまもなく終了しますが、すでにゴールデンステイト・ウォリアーズがニューオーリンズ・ペリカンズをスウィープし、カンファレンス・セミファイナル進出を決めています。

 

この勝利により、NBAブックメーカーを提供しているウィリアムヒルが4月26日にチャンピオンシップ優勝チームのオッズを更新しました。

 

これまではレブロン・ジェイムス率いるクリーブランド・キャバリアーズが倍率トップだったのですが、ここにきてウォリアーズがトップに浮上しています。

 

今回は、4月26日時点における倍率上位3チームの状況をまとめてみましたので、NBAブックメーカーの参考にしてください。

 

2015 NBAプレイオフ0428

 

ゴールデンステイト・ウォリアーズ 倍率3.00

2015NBAプレイオフ。カンファレンスセミファイナル一番乗りを果たしたゴールデンステイト・ウォリアーズが、キャブスを抜き去って倍率トップに躍り出ました。

 

ウォリアーズの勢いはプレイオフでも留まることを知らず、相変わらずステファン・カリーとクレイ・トンプソンのスプラッシュブラザーズが躍動しています。

 

ペリカンズのホームで行われたファーストラウンド第3戦では、第3Q終了時に20点のリードを許していたにも関わらず、第4Qの猛攻でプレイオフに持ち込み、大逆転勝利を飾りました。

 

その原動力となったのは、やはり今年のレギュラーシーズンMVP候補にリストアップされているステファン・カリーでしょう。

 

シリーズ第4戦では第3戦での勢いをそのままに、ペリカンズを圧倒しました。

 

今のウォリアーズに太刀打ちできるチームは、レブロン・ジェイムス率いるクリーブランド・キャバリアーズだけなのかもしれません。

 

クリーブランド・キャバリアーズ 倍率3.25

ボストン・セルティックスとのプレイオフ・ファーストラウンドではクリーブランド・キャバリアーズが早くも3勝をあげ、カンファレンス・セミファイナル進出に王手をかけています。

 

キャブスのビッグ3を担うカイリー・アービングとケビン・ラブはプレイオフの経験がないため、不安材料のひとつとされていましたが、現在のところはまったく問題ないと言えるでしょう。

 

両選手ともプレイオフで素晴らしいパフォーマンスを披露し、レブロン・ジェイムスと共にチームを勝利に導いています。

 

サンアントニオ・スパーズ 倍率4.50

昨季王者のサンアントニオ・スパーズは、プレイオフ・ファーストラウンドで強豪ロサンゼルス・クリッパーズと対戦しています。

 

現在のところ、シリーズ戦績は2-1でスパーズがリードしていますが、ホームコートアドバンテージはクリッパーズが有しているため、スパーズとしては早めに決着をつけておきたいところでしょう。

 

とは言え、スパーズはすでにクリッパーズのホームで1勝をあげています。

 

また、スパーズのホームで行われた第3戦ではクリッパーズを圧倒していますので、昨季王者の実力が徐々に出始めているのかもしれません。

 

次戦でスパーズが勝利すればカンファレンス・セミファイナル進出に王手をかけます。

 

一方のクリッパーズですが、今季は好不調の波が見られるため、早めに修正しておきたいところです。