2015 NBAプレイオフ・ファーストラウンド 途中経過③

NBA2015-15プレイオフ・ファーストラウンド突破を決めたのは、

 

4月28日時点でゴールデンステイト・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズ、ワシントン・ウィザーズの3チームのみです。

 

いずれのチームもスウィープでファーストラウンドを突破しましたが、

 

その他ヒューストン・ロケッツ、シカゴ・ブルズ、メンフィス・グリズリーズがプレイオフ・カンファレンスセミファイナル進出に王手をかけています。

 

 

NBAブックメーカーでお馴染みのウィリアムヒルが、この結果を受けていくつかのチームの倍率を変更しました。

 

 

今回は倍率が9.00倍から12.00倍に変更されたヒューストン・ロケッツ、41.00倍から15.00倍に変更されたロサンゼルス・クリッパーズのファーストラウンドを見ていきたいと思いますので、NBAブックメーカーの予想材料にしてください。

 

※倍率は2015年4月28日終了時点

 

2015 NBAプレイオフ・ファーストラウンド 途中経過②

 

ヒューストン・ロケッツ 倍率9.00⇒12.00

ウェスタン・カンファレンス2位でプレイオフ進出を果たしたヒューストン・ロケッツは、プレイオフ・ファーストラウンドで同カンファレンス7位のダラス・マーベリックスと対戦しています。

 

先に3勝をあげたのはロケッツですが、シリーズ第4戦ではマブスでタイトル獲得の経験があるJJ・バレアが躍動し、12点差でロケッツは敗れました。

 

ただ、ジョッシュ・スミスとドワイト・ハワードのホットラインが覚醒し始め、ロケッツの大きな武器のひとつとなりつつあります。

 

一方のマブスは先発のレイジョン・ロンドとチャンドラー・パーソンズが負傷で離脱したため、厳しい戦いとなりそうです。

 

ロサンゼルス・クリッパーズ 倍率41.00⇒15.00

2015NBAプレイオフ・ファーストラウンドで最も激戦となっているのが、ロサンゼルス・クリッパーズとサンアントニオ・スパーズのシリーズでしょう。

 

共に2勝2敗と熱戦を演じていますが、スパーズはトニー・パーカーがアキレス腱に痛みを抱えたままプレイしている点が気になるところです。

 

ホームコートアドバンテージはウェスタン・カンファレンス3位でレギュラーシーズンを終えたクリッパーズ側にあるだけに、現状ではクリッパーズ有利と捉えられるかもしれませんが、昨季王者のスパーズにはプレイオフでの経験が豊富にあるため、最後までどちらが勝ち進むか分からない状況が続くかもしれません。