NBA プレイオフ ファイナル予想:キャブス対ウォリアーズ

2015年NBAプレイオフも、

 

残すところクリーブランド・キャバリアー対ゴールデンステイト・ウォリアーズの対決を残すのみとなりました。

 

NBAブックメーカーを提供しているウィリアムヒルはプレイオフが開幕する前、

 

ウォリアーズとキャブスにトップ2の倍率をつけていましたので、この2チームのファイナルでの対決は順当と言えるかもしれません。

 

 

 

なお、カンファレンスファイナルまでを終え

 

ウィリアムヒルはキャブス優勝の倍率を2.87倍、

 

ウォリアーズ優勝の倍率を1.44倍に変更しました。

 

 

ここではキャブス対ウォリアーズのファイナルにおける注目ポイントを見ていきたいと思いますので、NBAブックメーカーの参考にしてください。

 

 

※倍率は2015年5月29日時点
2015 NBAプレイオフ チャンピオンシップ優勝オッズ

 

カイリー・アービングの回復状況

膝を負傷しているカイリー・アービングにとって、アトランタ・ホークスとのプレイオフ・カンファレンスファイナルを4勝0敗で制すことができたのは、大きな利点があると言えるでしょう。

 

4勝0敗でスイープしたことにより、キャブスは1週間以上の休養を得ることができます。

 

この期間でカイリー・アービングの膝の状態もいくらか改善することでしょう。

 

ただ、パフォーマンスに影響のないまでに回復しなければ、今季のレギュラーシーズンMVPを受賞したステファン・カリーに対抗するのは難しいかもしれません。

 

スプラッシュブラザーズの活躍

ウォリアーズで注意すべき選手は、やはりステファン・カリーとクレイ・トンプソンの“スプラッシュブラザーズ”でしょう。

 

ステファン・カリーとクレイ・トンプソンが当たれば、キャブスは一気にペースを持っていかれかねません。

 

一方、スプラッシュブラザーズのショットが不調であれば、逆にキャブスにとっては大きなチャンスとなります。

 

レブロン・ジェイムスのパフォーマンス

キャブスがNBAタイトルを獲得するためには、やはり“キング”レブロン・ジェイムスのパフォーマンスが最大の鍵となるでしょう。

 

ここ最近はショットの精度を欠いているレブロン・ジェイムスですが、試合を支配する力は圧倒的です。

 

カンファレンスファイナルの終盤数試合ではトリプルダブル、もしくはそれに近いパフォーマンスを披露していますので、これにショットの精度が加われば、ウォリアーズも苦戦する可能性が高いと考えられます。

 

今季のレギュラーシーズンMVPであるステファン・カリーと、レギュラーシーズンMVPを4回、ファイナルMVPを2回獲得しているレブロン・ジェイムスの対決は注目必至です。