NBA プレイオフ ファイナルMVP予想④

レギュラーシーズンMVPに輝いたステファン・カリー擁するゴールデンステイト・ウォリアーズと、

 

4度のレギュラーシーズンMVPと2度のファイナルMVP受賞歴を誇るレブロン・ジェイムス擁するクリーヴランド・キャバリアーズがタイトルをかけて戦うわけですが、

 

新旧MVP対決ということあり、注目が集まること必至です。

 

 

 

NBAブックメーカーでお馴染みのウィリアムヒルも、

 

ステファン・カリーとレブロン・ジェイムスにファイナルMVP予想におけるトップ2の倍率をつけています。

 

 

ただ、他の選手にファイナルMVP受賞の可能性がまったくないというわけではありません。

 

 

今回はウィリアムヒルがファイナルMVP候補にあげているキャブスのイマン・シャンパート、ティモフェイ・モズコフ、ウォリアーズのアンドレ・イグダーラについて見ていきたいと思いますので、NBAブックメーカーの予想材料にしていただければと思います。

 

※倍率は2015年6月4日時点
2014-15シーズン ファイナルMVP予想②

 

イマン・シャンパート 倍率151.00

シーズン途中のトレードでニューヨーク・ニックスからクリーブランド・キャバリアーズに加わったイマン・シャンパートは、ディフェンスとオフェンス両面に定評のある選手です。

 

シカゴ・ブルズとのプレイオフ・カンファレンスセミファイナルから先発に定着し、ファイナル進出に貢献したイマン・シャンパートですが、ファイナルMVP受賞の可能性は低いと言えるでしょう。

 

しかしながら、ファイナルでは“スプラッシュブラザーズ”のひとり、クレイ・トンプソンにマッチアップすると思われますので、ディフェンスでの貢献が特に期待されています。

 

ティモフェイ・モズコフ 倍率151.00

シーズン途中のトレードでデンバー・ナゲッツからキャブスに移籍したティモフェイ・モズコフは、キャブス不動のインサイドプレイヤーとして活躍しています。

 

ファイナルではアンドリュー・ボガットとマッチアップする見込みですが、特にディフェンスでの貢献を期待したいところです。

 

また、キャブスのベンチにはビッグマンのバックアップが少ないため、ファウルトラブルに陥らないことがポイントになるかもしれません。

 

アンドレ・イグダーラ 倍率201.00

ウィリアムヒルがあげているファイナルMVP候補選手の中では、唯一今シーズン先発出場をしていないのが、アンドレ・イグダーラです。

 

とはいえ、アンドレ・イグダーラの実力は折り紙つきであり、ウォリアーズでも重要な役割を担っています。

 

ファイナルMVPに選出される可能性は極めて低いものの、ウォリアーズのタイトル獲得に不可欠な選手と言えるでしょう。